最期の景色 歌詞

歌:ACIDMAN

作詞:大木伸夫

作曲:ACIDMAN

時が過ぎれば 全てが消えて
その痛みさえ 綺麗に消えて

精霊の国 星のメロディー 光のシンフォニー
そこへ向かうよ

空に 浮かべ

僕らは最期に何を見るのだろう
余りに脆い世界の最期に

あなたの声が 聞こえる様にね
その時 何の 音もいらない

永遠に 浮かべ

「いつかまた会えるよね
また会えるよね」
手を振る君が遠くに消えて
そんな景色の最期がいいな

だから そう笑って 最期は笑って
最期の声で愛を語るよ
想像超えるあの世界で待つよ

僕らは生きた 確かに生きた
明日の空を共に見上げて

遥か昔から あなたを知っていたよ

嗚呼

「いつかまた会えるよね
また会えるよね」
手を振る君が遠くに消えて
そんな景色の最期がいいな

だから そう笑って 最期は笑って
最期の声で愛を語るよ
想像超えるあの世界で待つよ

たった一つだけを抱きしめたまま
最期の声で 愛を語る
そんな景色の最期にしよう

ACIDMANについて

浦山一悟1978.3.27 B(Dr) 大木伸夫1977.8.3 B(VO.G) 佐藤雅俊1977.4.7 A(B) 2002年、メジャー・デビュー。「造花が笑う」「アレグロ」「赤橙」のシングル3枚連続リリース。
ACIDMANの人気歌詞
赤橙

眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト ...

ある証明

鮮やかだったあの太陽が 剥がれ落ちて 過 ...

新世界

世界の始まりは 静かな柔らかな一つの音だ ...

ALMA

銀河の先に生まれた メロディーを信じて ...

世界が終わる夜

星が煌めいていた 木々も深く眠る夜 ...

灰色の街

灰色 灰色の街の中 僕らは夢を見た ...

愛を両手に

嗚呼 人が皆 「神様がいなければ良かっ ...

アルケミスト

奇跡の声がして 見上げた世界樹 最後の ...

式日

消えてゆく 太陽も 肺も 歌も 生まれ ...

酸化空

陸に上がるという事は 必然で 又 仕方 ...

今、透明か

雲の下で叫ぶには 余りに小さ過ぎ 薄れ ...

2145年

嗚呼、これが心というものなんだな 今、 ...

and world

絶えない空 弛まぬ空 光の雨降らして ...

造花が笑う

味気ない花の色に染められた あの人の眼 ...

MEMORIES

小さな光が大好きだった 小さな両手で抱 ...

CARVE WITH THE SENSE

月の影に隠れて 何億の真実を 誰に語ろ ...

スロウレイン

夏風 柔らかに 思い出すサンセット 語ら ...

Your Song

When I look up at th ...

風追い人(後編)

目が覚めて 旅は終わって 気付いたよ ...

季節の灯

水色の風が 通り雨に濡れて ふとあの日 ...