ヒガシズム 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

上野 秋葉原 東京 押し合って生きる資格を得ろ
ディストピア脱走 生存競争 先延ばしした生に未練はない
カラスの声に メッチェンの笑み 性的不備、溜め込む6.5畳
総人類反社会的 冒涜、不道徳の極み

あくまで未定の生存 「自分を大事に」とかって正論
言いたいだけだろ もううるせえよ 俗っぽさを崇めた世間の負債
人を嘲り 偽悪の無罪 潰した野花かつて飛ばした種子
地下鉄ひとすじ蜘蛛の糸 誰も群がらぬ蜘蛛の糸

星空と人々の距離の虚しさを
埋めるように差し込む夕日の赤が綺麗だ

ヒューマニズム レイシズム 陽が沈む 今日も沈む
有限の区切り、印として いざこざの間に陽が沈む
瞳の色 肌の色 髪の色 互いを見ろ
僕が僕として生きてる理由を 身に纏う証明
実存 実存 実存

憎しみあってばっか 血の気の多い平和主義ばっか
自由崇拝ゆえ、規律に発火 がれきに下敷きの人の営み
立ち消えるライン 神様不在 行くか戻るかなのなのなのなのな
先にたたず後にたち並ぶ 墓標みたいなビルと後悔

後何年 何ヶ月 何時間と
逆算した人生に 追いつめられて

ヒューマニズム レイシズム 陽が沈む 今日も沈む
世々、最小単位の死として ただ身代わりに陽が沈む
裁きたがり 泣きたがり 死にたがり 晒したがり
僕が僕として生きてる理由を 選び取る証明
実存 実存 実存

秋の砂浜にビーチサンダル ストーブの中 去年の灯油
いつ終わるとも知らないが 今日が確かに終わる事
明日も笑える不確かさ それでも約束繰り返し
曖昧な未来でまた会える 明日、多分、必ず、会える

夕日の前では誰もが等しく 赤く染まる罪と罰 夕日信仰ヒガシズム
全ては消え行く 脆くも崩れさる 有限の一区切り 夕日信仰ヒガシズム

ヒューマニズム レイシズム 陽が沈む 今日も沈む
善悪も我関せずとして 今日も今日とて陽が沈む
夕日の赤 死地の赤 嘘の赤 血潮の赤
僕が僕として生きてる理由を 身に宿す証明
実存 実存 実存

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
amazarashiの人気歌詞
独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

そういう人になりたいぜ

僕はあんまり出来た人間ではないから 君 ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...