雨男 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線の高架
僕はと言えば幸か不幸か 道外れた平日の落伍者
音沙汰ない友達と重ねる 若かった親父を空想する
河川敷を覆う黒い雲が 暗くしたのは僕の行く末か

孤独と歩む創作の日々は ぬかるんだ道で途方に暮れた
迷子が泣き叫ぶ声にも似た 「愚にもつかない弱虫の賛歌」
そう後ろ指さされる事に むきになる己を恥と言うな
暗闇と生涯暮らすには 僕はもう沢山知りすぎた

優しくされたら胸が震えた それだけの為に死んでもいいや
本気で思ってしまった 笑ってよ 笑ってくれよ
うな垂れて覗き込む水溜り 映り込む泣き顔踏みつけたり
上手くいかねぇもんなんだな 今日も土砂降り
そういや いつかもこんな雨だった

未来の話は嫌いだった だから約束もしたくなかった
久しぶりに電話をかけてきた 聡は酷く酔っぱらっていた
何も変わらない地元訛り 泣きそうになる会話の端々
馬鹿な世間話をした後に 約束したんだ「行こうぜ飲みに」

がむしゃらに駆けた無謀な日々を 懐かしむだけの飾りにするな
恥さらしのしくじった過去と 地続きの今日を無駄となじるな
心が潰れた土砂降りの日に すがるものはそれ程多くない
だからあえて言わせてくれよ 未来は僕らの手の中

友達の約束を守らなきゃ それだけが僕の死ねない理由
本気で思ってしまった 笑ってよ 笑ってくれよ
うな垂れて覗き込む水溜り 映り込む相変わらずな僕に
苦笑い一つ放り込む 今日も土砂降り
そういや いつかもこんな雨だった

悲観 楽観 交互に積み木崩し 振り返る度に痛む傷口
とうの昔に忘れたはずの笑い話
乗るか反るか? 行くか戻るか? 雨か晴れるか? やるか止めるか?
勝つか負けるか? 立上がれるか? やり直せるか? 生きるか死ぬか?
「やまない雨はない」「明けない夜はない」
とか言って明日に希望を託すのはやめた
土砂降りの雨の中 ずぶ濡れで走っていけるか?
今日も土砂降り

そういや いつかもこんな雨だった
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
しらふ

歌:amazarashi

「自分以外皆死ね」ってのは「もう死にてえ ...

穴を掘っている

歌:amazarashi

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

無題

歌:amazarashi

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

未来づくり

歌:amazarashi

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

夏を待っていました

歌:amazarashi

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

スターライト

歌:amazarashi

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

ひろ

歌:amazarashi

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

もう一度

歌:amazarashi

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

つじつま合わせに生まれた僕等

歌:amazarashi

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

美しき思い出

歌:amazarashi

この世界に 嘘しかないなら こんなに楽な ...

古いSF映画

歌:amazarashi

昨日の夜遅く テレビでやっていた映画を見 ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...