街の灯を結ぶ 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

都会の喧噪に 田舎の田園に でかい異物感に ぶれっぶれのやわな自我が
なに叫んだところで鉛色の雲に 跳ねっ返り 無惨に落ちて耽る徒労感に
「やっぱりダメか」が口癖のとんま 悔しさに涙一つ落としてみろよ
今日は今日とて 追い風は路傍に落ちて 光射すのは向こう側 待ち望む埠頭から

行こうか戻ろうか進退を突きつける 現実は常にシビアで情もなく
生活費に世間体に将来の安定に 全部かけたルーレットはやおら回りだし
「勝ち負けじゃない」とは苦し紛れに言うが 勝たなきゃならぬ理由も少なからず背負った
あの人の手紙に 友人との約束に 連れ添う恋人に 過去の自分自身に

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる僕は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の線みたいに 街の灯を結ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の線みたいに 街の灯を結ぶ

始めは青く眩しい夢物語 多くの少年が未来へと勇み
へましたって転んだって泣いたり笑ったり それを青春と呼んで社会へ旅立ったり
次第に脱落者は増える一人また一人 逃れられぬ幼児性 モラトリアムの闇
残りわずか数人の馬鹿が傷を舐め合い 気付けば一番馬鹿な僕が一人

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる僕は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の線みたいに 街の灯を結ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の線みたいに 街の灯を結ぶ

振り返ってもなんもねえ 綺麗なだけの思い出 この回り道がいつか僕を救ってくれる日まで
過去に勝つ為の今の僕になる為に 今に勝つ為の明日の僕になる為に
生き残ったのか 取り残されたのか なんにしても過ぎた人の顔は忘れない
ありがとう さよなら 昨日を捨てた僕が 桜散った夜の五反田を歩いてる

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる僕は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の線みたいに 街の灯を結ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の線みたいに 街の灯を結ぶ

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

たられば

もしも僕が天才だったなら たった一つだけ ...

虚無病

諸行無常未来都市 輪廻の環状線 抜け出せ ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...