ひろ 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ聞いてくれるか?
何度も挫けそうになった事 実際 挫けてしまった事
お前の好きだったセブンスターを 吸うのも肩身が狭くなったし
彼女も「禁煙しなきゃね」って 言うもんだから まいるよな

あの日と同じ気持ちでいるかっていうと そうとは言い切れない今の僕で
つまりさお前に叱って欲しいんだよ どんな暗闇でも 照らすような強い言葉
ずっと探して歩いて ここまで来ちゃったよ

もう無理だって言うな 諦めたって言うな そんな事僕が許さねえよ
他に進むべき道なんてない僕らにはさ お似合いの自分自身を生きなきゃな
いつも見送る側 それでも追いかけた 間に合わなかった夢を憎んだ
でもお前の居ない世界でも なんとかなるもんだ
それが悲しい お前はまだ19歳のまま

やりたい事をやり続ける事で 失う物があるのはしょうがないか
やりたい事も分からなくなったら その後におよんで 馬鹿みたいだな

どんなに手を伸ばしても届かないと思ってた 夢のしっぽに触れたけど
今更迷ってしまうのは 僕の弱さか 日の暮れた帰り道 途方も無い空っぽに
襲われて立ちすくむ 都会の寂寞に

もう無理だって泣いた 諦めたって泣いた でもそんな物きっと自分次第でさ
他に進むべき道なんてない僕らにはさ お似合いの言い訳を選んでただけ
いつも見送る側 それでも追いかけた 諦めかけた夢を掴んだ
でもお前の居ない世界じゃ 喜びもこんなもんか
それが悲しい お前はまだ19歳のまま

今年も僕は年を取って お前は永遠に19歳で
くだらない大人になってしまうのが 悔しいんだよ 悔しいんだよ
なぁひろ 僕は今日も失敗しちゃってさ 「すいません、すいません」なんて頭を下げて
「今に見てろ」って愛想笑いで 心の中「今に見てろ」って なぁこんな風に
かっこ悪い大人になってしまったよ だらしのない人間になってしまったよ
お前が見たら絶対 絶対 許さないだろう?
だから僕はこんな歌を歌わなくちゃいけないんだよ

ガキみたいって言われた 無謀だって言われた それなら僕も捨てたもんじゃないよな
誰も歩かない道を選んだ僕らだから 人の言う事に耳を貸す暇はないよな
いつも見送る側 なんとか飛び乗った 身の程知らずの夢を生きている
でもお前の居ない世界じゃ 迷ってばかりだ
でも それもガキらしくて 悪かないのかもな
僕は歌うよ 変わらずに19歳のまま

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
つじつま合わせに生まれた僕等

歌:amazarashi

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

無題

歌:amazarashi

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

性善説

歌:amazarashi

ねえママ あなたの言う通り 彼らは裁かれ ...

スターライト

歌:amazarashi

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

未来づくり

歌:amazarashi

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

季節は次々死んでいく

歌:amazarashi

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

もう君がいない

歌:FUNKY MONKEY BABYS

いっそのこと忘れたい こんなにも切ないな ...

美しき思い出

歌:amazarashi

この世界に 嘘しかないなら こんなに楽な ...

終わりで始まり

歌:amazarashi

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

夏を待っていました

歌:amazarashi

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...