彩りの頃 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:磯谷佳江

作曲:rino

実りの穂が揺れる 黄金色の午後
高く澄んだ秋空を ひつじ雲が流れてゆく

何気なく過ぎる穏やかな時間 それは
不思議なほどいとしい 私の宝物で

鈴虫の音(ね) 聴いたあの日も
渡り鳥を見た日も…ほら

いつもいつも あなたがそばにいて
微笑みを分かち合えたから
世界はこんなにも 彩りに満ちている

たおやかな 景色の中でふたり
優しい熱に そっと包まれながら
ここにある絆を 永遠の風にあずけよう

茜色に浮かぶ あなたの横顔
長く長く伸びてゆく ふたつの影 ふいに重なる

何もかもいつか落ち葉に埋もれて だけど
深まりゆく想い たしかに感じられる

霧の雨に濡れたあの日も
月を愛でたあの日も また

全部全部 あなたがくれたもの
ひとつとして同じものはない
想い出という名の 彩りがあふれ出す

紅く紅く染まった椛のよう
心までもがやがて 色づいていた
伝えたいすべては 永遠の風に吹かれてる

いつかいつか あなたを好きになり
ひとりじゃないと気づいたのも
たぶんこんなふうな 彩りの頃でした

たおやかな 景色の中でふたり
優しい熱に そっと包まれながら
ここにある絆を 永遠の風にあずけたの
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

Hidra Heteromycin

――輝ける明日(あした)を 護るべき人々 ...

Heretical Wings

小さな窓から差す 仄蒼い月灯り 冷たい ...

ツナギ蝶

何処より 生まれ出づ...... ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

Hartes ciel,melenas walasye.

独りきりで歩いた 当たり前の毎日 囲ま ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

永遠の都市へ

ここから旅立とう 再び出逢えること信じて ...

ふゆみどり

とまる枝なくして飛び立つハチドリの声 ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...