テイク イット イージー 歌詞

歌:竹原ピストル

作詞:竹原ピストル

作曲:竹原ピストル

西の空がこっそりかさぶたを落とし、
立ちのぼる群青が地平と水平をぬい合わせる。

テイク イット イージー

あさっての方向にとんでった流れ星ならば、
二晩ゆっくり眠ってからつかまえにいくさ。

追い越し車線にしゃしゃり出ては引っこんで、
むやみな蛇行があの街とこの街をぬい合わせる。
あー、いっそあいつに金借りようかな。
でも倍返しにしろって言われそうだから、やっぱりやめておくか。

あさっての方向にとんでった流れ星ならば、
二晩ゆっくり眠ってからつかまえにいくさ。

もたって、はしって、つんのめる。
あやふやなストロークがステージとフロアをぬい合わせる。
あー、いっそお客さんに金借りようかな。
でもただでさえ「金返せ!」って言われそうなライブしちゃったし、
やっぱりやめておくか。

あさっての方向にとんでった流れ星ならば、
二晩ゆっくり眠ってからつかまえにいくさ。

自分の靴音さえうっとおしい。
やけな千鳥足が今夜と明朝をぬい合わせる。
あー、いっそあのこに金借りようかな。
でも何も言わずにそっと貸してくれそうだから、やっぱりやめておくか。

あさっての方向にとんでった流れ星ならば、
二晩ゆっくり眠ってからつかまえにいくさ。

西の空がこっそりかさぶたを落とし、
立ちのぼる群青が地平と水平をぬい合わせる。

テイク イット イージー

あさっての方向にとんでった流れ星ならば、
二晩ゆっくり眠ってからつかまえにいくさ。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
24karats-type EX-

歌:Sowelu・EXILE・DOBERMAN INC

NA~眩しいくらい派手に目立とう 揺れ ...

暁月夜-DAY BREAKERS-

歌:Gackt

見上げた空には一つの雲が群からはぐれて ...

R.Y.U.S.E.I.

歌:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

光彩が輝く 鮮やかにひとつひとつ 銀の ...

SO…

歌:D'ERLANGER

※SO…SLOWLY GOES THE ...

WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント girls ver.

歌:AOA

たまにはこうして あなたとブランチおし ...

遥か

歌:GReeeeN

窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立 ...

魔法のじゅうたん

歌:くるり

君のこと沢山知ってるつもりだったな だ ...

仕草

歌:忌野清志郎

幸せだよ 何でもない こんな暮らしを ...

Starlight Destiny

歌:SOUL'd OUT

Yo, Starlight Destin ...

HEAVEN

歌:布袋寅泰

もしもあと数日で 世界が終わっても 願 ...

ドレス

歌:BUCK-TICK

鏡の前で君とまどろむ 薄紅の指先 その ...

竹原ピストルの人気歌詞
オールドルーキー

散々好き勝手に 叫び散らして生きてきた ...

カウント10

全てを見尽くしたふりをして、全てを聞き尽 ...

よー、そこの若いの

とかく忘れてしまいがちだけど とかく錯 ...

Forever Young

何をどうしても 眠れない夜は 何が何 ...

石ころみたいにひとりぼっちで、命の底から駆け抜けるんだ

慕情と身勝手の曖昧な境界。 会えないの ...

例えばヒロ、お前がそうだったように

ほっうておいたらおもしろいくらいおもしろ ...

ママさんそう言った ~Hokkaido days~

日、月、火、水、木、金、土、きーぽん、来 ...

東京一年生

左手で描いた似顔絵のよう あやふやな旅支 ...

リョウジ

世界の果てまでは、あのこと一緒に行く予定 ...

みんな~、やってるか!

ため息の代わりに靴ひもをほどく 舌打ち ...

俺たちはまた旅に出た

勝たなきゃ先に進めないのがトーナメント表 ...

my dear

君が弱音をはくなんてびっくりしたよ。 ...

LIVE IN 和歌山

「俺、精神病なんですよぉ〜。」 なんて ...

虹は待つな 橋をかけろ

そんなの知る由もないだろうし 知らせた ...

カモメ

僕はもう疲れきってしまってね 部屋のカ ...

一枝拝借 どこに生けるあてもなく

これっぽっちもお呼びでない春雨が これ ...

マスター、ポーグスかけてくれ

歌う前には酒を飲まないって 固く心に決 ...

来た道戻るの大嫌い!

どうせくたばるまでしか 生きられないか ...

俺、間違ってねえよな?

これこれこんな風に過ごしていきたいんだっ ...

ただ己が影を真似て

はじめて言われた悪口のはずなのに なぜ ...