小さな喫茶店 歌詞

歌:フランク永井

作詞:E.Neubach・訳詞:青木爽

作曲:F.Raymond

それは去年のことだった
星のきれいな宵だった
二人で歩いた思い出の
こみちだよなつかしい
あの過ぎた日のことが浮かぶよ
この道を歩くとき
なにかしら悩ましくなる
春先の宵だったが

小さな喫茶店に
入ったときも二人は
お茶とお菓子を前にして
ひとこともしゃべらぬ
そばでラジオが甘い歌を
やさしく歌ってたが
二人はただだまって
むき合っていたっけね

小さな喫茶店に
入ったときも二人は
お茶とお菓子を前にして
ひとこともしゃべらぬ
そばでラジオが甘い歌を
やさしく歌ってたが
二人はただだまって
むき合っていたっけね
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
春一番

歌:キャンディーズ

雪が溶けて川になって 流れて行きます ...

二人は若い

歌:ディック・ミネ・星玲子

(男)あなたと呼べば あなたと答える ...

北の宿から

歌:都はるみ

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

フランク永井の人気歌詞
大阪ぐらし

赤い夕映え 通天閣も 染めて燃えてる ...

西銀座駅前

ABC・XYZ これは俺らの 口癖さ ...

おまえに

そばにいてくれる だけでいい 黙ってい ...

公園の手品師

鳩がとびたつ公園の 銀杏は手品師 老い ...

加茂川ブルース

情ながした加茂川に とけた淡雪はかなく ...

抱擁

頬をよせあった あなたのにおいが 私の ...

こいさんのラブ・コール

なんで泣きはる 泣いてはる 思いでの  ...

ラブ・レター

ほのかに暗い 紫シェード むなしく夜は ...

16トン

エーン、ヤッサノサ エンヤサ 俺らの荷 ...