港町ブルース 歌詞

歌:フランク永井

作詞:深津武志・補作詞:なかにし礼

作曲:猪俣公章

背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざかる
あなたにあげた 夜をかえして
港 港 函館 通り雨

流す涙で割る酒は だました男の味がする
あなたの影を ひきずりながら
港、宮古 釜石 気仙沼

出船 入船 別れ船 あなた乗せない帰り船
うしろ姿も 他人のそら似
港、三崎 焼津に 御前崎

呼んでとどかぬ人の名を こぼれた酒と指で書く
海に涙の ああ愚痴ばかり
港、別府 長崎 枕崎

女心の残り火は 燃えて身をやく桜島
ここは鹿児島 旅路の果てか
港、港町ブルースよ
フランク永井の人気歌詞
大阪ぐらし

赤い夕映え 通天閣も 染めて燃えてる ...

西銀座駅前

ABC・XYZ これは俺らの 口癖さ ...

おまえに

そばにいてくれる だけでいい 黙ってい ...

公園の手品師

鳩がとびたつ公園の 銀杏は手品師 老い ...

加茂川ブルース

情ながした加茂川に とけた淡雪はかなく ...

抱擁

頬をよせあった あなたのにおいが 私の ...

こいさんのラブ・コール

なんで泣きはる 泣いてはる 思いでの  ...

ラブ・レター

ほのかに暗い 紫シェード むなしく夜は ...

小さな喫茶店

それは去年のことだった 星のきれいな宵 ...

16トン

エーン、ヤッサノサ エンヤサ 俺らの荷 ...