契り花 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:新本創子

作曲:新井利昌

逢ったはじめに 女房にきめた
あんたに云われりゃ また泣ける
ふたりは赤い 契り花
三々九度の まねごとの
お酒でむすんだ 命です

涙ひと筋 女が惚れた
あんたのやさしい 腕まくら
さだめに燃える 契り花
苦労の波の 世間でも
いっしょに越えてく ふたりです

指の先まで ぬくめてくれる
あんたと夫婦(めおと)に なれたのね
ふたりは赤い 契り花
夜寒に春を 呼ぶように
この世に咲きたい 命です
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...