夢のように 日は過ぎて 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:幸田りえ

作曲:西つよし

風が吹いて 木漏れ日が
この肩を あたためる
生きることで いっぱいだった
あの頃が ふとよぎる
夢のように 日は過ぎて
あきらめた 恋があり
巡り逢う 人もいたけど
ささやかに 穏やかに
暮らせる今が
一番しあわせかしら・・・

風に揺れる 野の花が
愛しくて 佇めば
この手つなぐ ちいさな手から
しあわせが 込みあげる
夢のように 日は過ぎて
振り向けば なつかしい
かなしみも 過ぎてしまえば
何処からか もういない
やさしい母の
あの唄が 聞こえてくるわ・・・

夢のように 日は過ぎて
時までも やさしくて
もう一度つなぐ 人生
あのひとが いてくれて
安らぐ今が
一番しあわせかしら・・・
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...