京都・女舞い 歌詞

歌:水森かおり

作詞:円香乃

作曲:伊戸のりお

朱塗りの門を くぐり抜け
お堂へ続く 雪の段
裾もあらわに 緋ぢりめん
ひとり女は 登ります
誰が待つのか 願掛けか
忍ぶお人か お百度か
二の字二の字の 下駄のあと
隠す雪舞い 女舞い あぁ・・・女舞い

単衣(ひとえ)の襟に 戯れる
蛍を囲い 送り火を
すがりつくよに 惜しむよに
ひとり女は 見つめます
何を迷うか 断ち切るか
辛い恋路か あきらめか
夜の静寂(しじま)に 衣擦(きぬず)れの
竹の風舞い 女舞い あぁ・・・女舞い

どこへ行くのか 道行きか
抱いて行くのか 捨てるのか
素足紅緒に からみつく
京都花舞い 女舞い あぁ・・・女舞い
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...