氷見の旅 歌詞

歌:水森かおり

作詞:菅麻貴子

作曲:徳久広司

冬の番屋に 降る雪に
涙を凍らせ 歩きます
ふたり倖せ 夢見てた
あの頃が 恋しくて
海の色も 変えないで
雪は波に 消えて行く
心変わりを したのはあなた
泣いてひとりの・・・ 氷見の旅

白い息して 過ぎる旅人(ひと)
あなたに空似の 背中(せな)を追う
ふたつ寄り添う 虻(あぶ)が島
思い出が 空に舞う
波の華よ 届けてよ
寒い胸に 春の日を
雪の立山 遠くに眺め
過去に別れの・・・ 氷見の旅

暮れて宿へ 辿る道
咲いた椿 紅の色
今はあなたの 倖せだけを
願う北陸・・・ 氷見の旅

願う北陸・・・ 氷見の旅
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...