艶歌船 歌詞

歌:細川たかし

作詞:松井由利夫

作曲:増田空人

腰に結んだ 一本綱に
命あずけた 荒くれ鴎
かしぐ舳先(へさき)に かみつくしぶき
胸が…胸が騒ぐぜ 千島の沖じゃ
意地で乗り切る 艶歌船

海の稼ぎと 男の情け
なんであの娘は 秤(はかり)にかける
肌に沁みてる 女の匂い
潮に…潮にさらせば いつかは消える
涙ぐむなよ 艶歌船

蟹の甲羅で 飲み干す酒が
俺にゃ一番 似合いの酒だ
思い出すなよ 港の灯り
波が…波がドンとくりゃ 未練も夢も
どうせ藻屑(もくず)さ 艶歌船
細川たかしの人気歌詞
矢切の渡し

つれて逃げてよ・・・ ついておいでよ・ ...

心のこり

私バカよね おバカさんよね うしろ指 ...

望郷じょんから

津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達 ...

浪花節だよ人生は

飲めと言われて 素直に飲んだ 肩を抱か ...

北酒場

北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ...

正調おそ松節(おそ松くんより正調おそ松節)

うちの父ちゃんは サラリーマン 満員電 ...

うかれ節

人の心は紙風船 破れやすくて カラッポで ...

ほたる草

この手に抱けば 折れそうな 細い体のや ...

オジロ鷲

定置 刺し網 漁場の空で 今日も輪を描 ...

櫻の花の散るごとく

生者必滅 この世は夢かまぼろしか 櫻の ...

応援歌、いきます

あーああんあ あー ツイているとか ...

おそ松くん音頭

おそ松のズボンを カラ松がはいて ...

北岬

ふところふかく おまえを抱いて なんに ...

北国へ

夜を走る列車は 窓の外も見えずに 長い ...

北斗の星

風が 風が走る 雪が 雪が舞う 白い ...

人生航路

風が舞う 雲が飛ぶ 荒波を 波止場にの ...

大鴉~故郷偲んで~

秋の夜々 月は一夜でまるくなる はらは ...

平泉讃歌

雨に煌めく 金色堂(ひかりどう) 雫を流 ...