夕立ちセレナード 歌詞

歌:井口裕香

作詞:Satomi

作曲:石川烈

夕立ちが降り 煙ゆく街
忘れかけてた 記憶呼んだ
たった一度きり 君とふたりで
出かけた時も 雨だったな

"だいすき"の4文字が
いつも口に出来ず
もどかしさ隠すように
無理に笑っていたよね

笑っても泣いてもいつでも
私は私らしく
いまなら素直にいられる
着飾らない 心で…

夕立ちが降り アスファルトから
立ちのぼる熱 夏の香り
空を見ながら 君がポツリと
こぼした言葉 思いだした

あの日からこの空は
ずっと同じ顔して
大人のスロープのぼる
この私 見ているの

笑っても泣いてもいつでも
私は私らしく
いまなら素直にいられる
着飾らない 心で…

夕立ちがあがった空に
キレイな虹が出てる
足もとにある水たまり
いまは飛び越えられる

笑っても泣いてもいつでも
私は私らしく
いまなら素直にいられる
着飾らない 心で…
井口裕香の人気歌詞
なんとなくの話

なんとなくの話をしてもいいですか? ほ ...

Grow Slowly

知らない空眺めながら いつもいつも君と ...

Lostorage

born→memory 全てが生まれ ...