旅のどこかで 歌詞

歌:夏川りみ

作詞:伊勢正三

作曲:南こうせつ

それは春の 雪解けの頃の
冷たい水の 胸のせせらぎ
そんな季節の 変わり目の頃は
誰もそうなの… 大丈夫なの

旅のどこかできっと 気付くことがある
誰もが幸せ 噛みしめて生きていると…

あなたはやさしい その瞳のままで
涙は心の 虹への前触れ

白い産毛の木蓮のように
冬の間に 春は生まれて
知らずしらずに 時が過ぎるのも
哀しい人が 笑顔になるため

旅のどこかできっと 気付くことがある
喜び哀しみ その中で生きていると…

あなたはやさしい その蕾のままで
春の光を 夢見る旅人

旅の荷物は ほんの少しだけでいい
小さな幸せ 携えて生きてゆこう…

あなたはもうすぐ その蕾を咲かせ
春の光に はにかむ旅人
夏川りみの人気歌詞
芭蕉布

海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の ...

川は流れて どこどこ行くの 人も流れて ...

涙そうそう

古いアルバムめくり ありがとうってつぶ ...

島々清しゃ

島々清しゃや 「清しゃぬ」 城に御願所 ...

童神~天の子守唄~

天からの恵み 受けてこの地球(ほし)に ...

ハグしちゃお

ふくれっ面 しかめっ面 時々はするけど ...

イラヨイ月夜浜

唄(うた)しゃ達(たぁ)ぬ夜(ゆる)が更 ...

さようならありがとう

泣いたりしないでね 今日は 大切な日だか ...

玉露のあしび

玉露(たまちゆ)ぬあしび んぞや 花かみ ...

夜来香

※あわれ春風に 嘆くうぐいすよ 月に切 ...

会いたくて

「もう少し、あと少しだけ」わがままな恋心 ...

島唄

でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た ...

フルサト

とがった先の鉛筆じゃ だめな気がして ...

さくら(独唱)

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々 ...

この星を感じて

感じていますか? 土のぬくもりを 感 ...

満天の星

あてぃねらん願いや 夜に渡海 星ないさ ...

五四~いつ世の世まで~

黄昏が 染めてく 碧き海へと 願い込め ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を 小さな星の小さ ...

切手のないおくりもの

私からあなたへ この歌を届けよう 広い ...

安里屋ユンタ

サー君は野中の いばらの花か 暮れて帰 ...