渚にて幻 歌詞

歌:indigo la End

作詞:川谷絵音

作曲:川谷絵音

動画を観る

もう忘れてくれるなよ、夏の日
そう、少しは変われたろって言ってウチに帰るのさ

帰り道、何だかキレイな空想が浮かんだ
「さあ、笑ってみてよ。届きそうな景色だけを掴んで」
僕なりの愛され方です
あの雲に君を重ねるとどんな顔をするんだろう
できればマヌケな顔がいいな
明後日の方向向いて、幸せとか言ってみたいな

夏の終わりには嘘をついて
夜を越すあなたを見て渚にて微笑むのさ
明日の星座なら
あなたを照らすかな
綺麗に照らすかな

渚にてもう一度
会えるかな
幻に

夏の終わりには嘘をついて
夜を越すあなたを見て渚にて微笑むのさ
明日の星座なら
あなたを照らすかな
綺麗に照らすかな
indigo la Endの人気歌詞
藍色好きさ

運命をかき分けてく前に 君がいたんだ ...

通り恋

「聞かれたら困る話だけど 歌に乗せたら ...

夏夜のマジック

夏の匂いを吸い込んで吐き出す 弱いまま ...

冬夜のマジック

冬夜の魔法が解けるまで あなたを奪いた ...

結び様

想いの距離が今 近付き過ぎていたことに ...

瞳に映らない

行ったり来たりしないでよ 心変わりとか ...

想いきり

「私が何人目なの?」 笑わない目で見て ...

夜汽車は走る

降り出す前一瞬の 冷たい風に言った ...

雫に恋して

雨ざらしの古いバス停で 行き交うモノク ...

花傘

曇りガラスで隔てられてた もっと見たく ...

蒼糸

羨むことばかり増えた 冷たい日常に ...

抱きしめて

揺さぶられる私の心 歩く度痛いの 許 ...

悲しくなる前に

街風に吹かれてる 曇りの今日がまた ...

心の実

涙少し拭いて あなた下を向いた 記憶 ...

小粋なバイバイ

吹きこぼれた後の やり場のない台所 ...

忘れて花束

急に花束を抱えてきたあなたは瞬きが多くっ ...

さよならベル

あれからここに来る度 君を思い出しては ...

夜明けの街でサヨナラを

一度だけあなたに恋をした たったそれだ ...

名もなきハッピーエンド

「最低!」 あなたは笑いながら叫んだん ...

夕恋

水を買っとけば良かったね って会話も愛 ...