幸先坂 歌詞

歌:椎名林檎

作詞:椎名林檎

作曲:椎名林檎

陽が静かに昇り詰め湿った大地を蒸し上げて
蝉のこえはあの雲を千切るほどに焚き付けて

夏が来る
空と陸抱合う刹那よ
今日は何かいいことがありそう

人はいつも坂の途中期待を抱え上がり下がり

生きている
夜と昼泪に暮れても
今日は何かいいことがありそう
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
Lifetime Respect-女編-

歌:RSP

もう愛が溢れて しょーがない あんたと ...

椎名林檎の人気歌詞
丸の内サディスティック

報酬は入社後並行線で 東京は愛せど何も ...

本能

約束は 要らないわ 果たされないことな ...

ギブス

あなたはすぐに写真を撮りたがる あたし ...

罪と罰

※頬を刺す朝の山手通り 煙草の空き箱を ...

ありあまる富

僕らが手にしている 富は見えないよ 彼 ...

流行

谺(こだま)している またキミのコヱが谺 ...

歌舞伎町の女王

蝉の声を聞く度に 目に浮かぶ九十九里浜 ...

カプチーノ

あと少しあたしの成長を待って あなたを ...

ここでキスして。

I'll never be able t ...

浴室

新宿のカメラ屋さんの階段を降りた茶店は ...

幸福論

本当のしあわせを さがしたときに 愛し ...

依存症

急に只 寝息が欲しくなって 冷凍庫にキー ...

正しい街

あの日飛び出した 此の街と君が正しかった ...

長く短い祭

天上天下繋ぐ花火哉 万代と刹那の出会ひ ...

誰もがわたしを化石にしても 貴方に生か ...

此の扉(ドア)なら破れない 其の塔なら ...

走れゎナンバー

この密室を拵える要素は、大概が借り物で、 ...

モルヒネ

家にはひとりで帰ります あたしには鳥が ...

ギャンブル

あなたはそっと微笑(わら)ってくれるから ...

労働者

ずらかりたいよ おさらば 面倒はいや ...