なきむし倶楽部 歌詞

歌:ジェロ

作詞:山川啓介

作曲:堀江淳

両手をひろげた その幅は
たかが背丈と おんなじ広さ
それでもあんたの 悲しみくらい
抱いてやれるよ おれでいいなら
星屑小路の 突き当たり
ネオンもうるんだ "なきむし倶楽部"
ぽつぽつと聞かせてよ 涙の理由(わけ)なんか
泣くだけ泣いたら 見える虹
人生 やさしい意地悪さ

誰より不幸と 嘆く夜
そいつも時には 必要なのさ
どこかに待ってる つぎの幸せ
もっと大事に 抱きしめるから
グラスの中には 海がある
あんたがつぶやく "なきむし倶楽部"
きれいだね いつかしら少女の瞳(め)をしてる
つまずきべそかき 立ち上がる
誰もが死ぬまで おさな児(ご)さ

今夜は子供に お帰りと
母の声がする "なきむし倶楽部"
この膝で眠りなよ 朝まで見てるから
生きてりゃ明日(あした)が きっと来る
人生愛しい いとおしい
ジェロの人気歌詞
海雪

凍える空から 海に降る雪は 波間にの ...

東西南北ひとり旅

あの娘いるとこ 南長崎 花とザボンの  ...

折鶴

誰が教えてくれたのか 忘れたけれど折鶴 ...

桜坂

この坂道が花吹雪になる前 君はこの街を ...

えいさ

すが漏りの浮き名の独り暮らし あなたの ...

やんちゃ道

泥んこで泣かされて帰って来ても 鼻水垂 ...

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの ...

Break My Heart

Here I sit In this ...