別れ船 歌詞

歌:清水博正

作詞:清水みのる

作曲:倉若晴生

名残りつきない はてしない
別れ出船の かねが鳴る
思いなおして あきらめて
夢は潮路に 捨てゝゆく

さようならよの 一言(ひとこと)は
男なりゃこそ 強く云う
肩を叩いて ニッコリと
泣くのじゃないよは 胸のうち

望(のぞ)み遙かな 波の背に
誓う心も 君ゆえさ
せめて時節の 来るまでは
故郷(くに)で便りを 待つがよい
清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...