Buonanotte 歌詞

歌:志方あきこ

作詞:志方あきこ

作曲:志方あきこ

Perche nel mondo ci sono il giorno e la notte?
どうして 世界には昼と夜があるのでしょう
Perche per ognuno giunge l'ora di dormire?
どうして 全ての者に眠りは訪れるのでしょう

Dai chiudi gli occhi.
さあ 瞳を閉じて
Andiamo a chiederlo alle fatine del sonno.
眠りの妖精達へ 尋ねにゆきましょう

Buonanotte, tesoro mio.
おやすみ 愛しい子よ
Io saro la tua stella e cantero.
私は星になって 歌いましょう
Per essere la luce che ti guida nel cammino tra i sogni.
あなたの夢路を 導く光となるように

Quando l'erba e gli alberi respirano profondamente.
草木が 深く呼吸するとき
Quando i fiori sbocciano umidi di rugiada.
花が 夜露を浴びて開くとき

Oh luna, fai risplendere lieve la tua luce.
月よ どうか密やかに照らしておくれ
Sulle sue guance rosse, sui suoi occhi chiusi.
薄紅色の頬を 閉ざされた瞼を

Nella notte piena di silenzio.
静けさに満ちた 夜の中で

Buonanotte, dolce tesoro.
おやすみ 可愛い子よ
Io saro brezza leggere e cantero
私はそよ風になって 歌いましょう
Per far dondolare teneramente la tua culla.
あなたのゆりかごを 優しく揺らすように
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
I LIKE YOU

歌:RCサクセション

そんなに考える事はないさ 初めに感じた ...

ONE ON ONE

歌:B'z

Tシャツを脱いだって かまわないよ 暑け ...

12月の雨

歌:松任谷由実

雨音に気づいて 遅く起きた朝は まだベ ...

恋しくて

歌:BEGIN

恋しくて 泣き出した 日々などもう 忘 ...

Why not?

歌:SIAM SHADE

君はナゼ そのすべてを 魅せないの C ...

ノンフィクション

歌:the pillows

生意気なテレビの 不届きなジョークが ...

E.D.O Dance

歌:かりゆし58

押し寄せる傘の波に打ちつける冷たい雨のせ ...

サマー・ナイト・フィーバー

歌:BENI

だいたいこの辺から スカしてキメて歌い ...

THE BIRTHDAY GIRL

歌:GLAY

One Two! One Two Thr ...

Change&Chance!

歌:榊原ゆい

もう あり得ない事で突然 何もかもが変わ ...

シグナル

歌:熊木杏里

あぁもう何にも考えたくない 失望 期待 ...

志方あきこの人気歌詞
朱隠し

まほらの戸に立つ 産土(ウブスナ)へ 手 ...

謳う丘~EXEC_HARVESTASYA/.~

Rrha ki ra tie yor i ...

空蝉

追憶の果てに 静かに揺らめく 永遠に綴 ...

ひらいてさんぜ

百花繚乱 ひらいて さんぜ 百花千花と ...

まほろば

私を呼んでる はるか遠い場所で 足跡を ...

光降る場所で~Promesse~

Una brezza soffice c ...

LOST CHILDREN

白く潰された記憶 持て余すほどの孤独 ...

Harmonia ~見果てぬ地へ~

夜空を超え 地平の果てに 朝焼け滲む ...

Qre Die=rA Medy E=yA ...

追想花

空は霞深く 月は朧(おぼろ)に消え 流 ...

埋火

Fuhle ich mich besse ...

うたかたの花

穢れも知らずに無邪気なまま 青い鳥を追 ...

調和~焔の共鳴~

奪い与え燃えゆく 赤き青き炎 めぐり行 ...

Navigatoria

水に沈んでゆく 蒼く錆びついた時計 ...

Amnesia

やわらかな肩越しに 霧深く煙る森 隠 ...

晴れすぎた空の下で

ひび割れた大地に赤い砂礫が舞う 不似合 ...

翅亡キ花

罅(ひび)割れた嘆きも 潰えぬ祈りも ...

睡恋

こぼれ落ちた泪ひと雫 水面に弧を描き出 ...

花帰葬

あてどなく ただ君は 彷徨いながら 冷 ...