優月 歌詞

歌:吉岡亜衣加

作詞:森由里子

作曲:吉岡亜衣加

優しいお月様が
雲に隠れました
ためらう二人のため
明かり落としました

ゆっくりと 歩いてしまう
だってあと少し 帰りたくない

川沿いの道は 風がひんやり
会話が途切れて ふと黙る

その時お月様が
まぁるい顔出した
私達が一緒に
笑顔になるように

同じ空 見上げていると
広いこの宇宙 二人きりみたい

寂しい右手が 少し冷たい
だんだん近づく街灯り

その時お月様が
雲に隠れました
ふたつの影法師を
ひとつにするために

川沿いの道は 風がひんやり
でも抱き合ったら温かい

優しいお月様が
雲に隠れました
恋する二人のため
明かり落としました

気づけばお月様が
いつまでも輝く
並んで歩く道を
そっと照らすように
ずっと照らすように
吉岡亜衣加の人気歌詞
舞風

幾千の未来よりも 一瞬の今を強く生きた ...

想い出はそばに

時の隙間を 風が駆ける丘で出逢えた 永 ...

ラブレター

最初から不器用で 一緒に居ても話せなく ...

十六夜涙

天つ風(あまつかぜ)よ 時の羽(ときのは ...

蛍草~つゆくさ~

浮かぶ雲に面影を 映してみては 想い ...

残酷な天使のテーゼ

残酷な天使のように 少年よ 神話になれ ...

暁闇

あゝ 引き返せない 昏き此の道が遠く果 ...

初恋

並木道 春の風 長いまつ毛が揺れてる ...

常盤火

あゝ 貴方の往く道が 私の進む道 ひそ ...

白き誓い

凍てつく空はなぜ こんなにも澄み渡る ...

永い余白を越えて

烈(はげ)しいまでに 星がまたたく 吹 ...

三日月に花

この夜空に 優しい眼差し 触れた指に ...

天ノ華

泪(なみだ)よ ひとひら流れてゆけ 白 ...

光彼方

かがやき求めて 燃ゆる篝火で 夢翔(か ...

夢ノ浮舟

何処へ向かう? 誠の舟 まだ見ぬ夜明 ...

心絵綴り

黄昏は墨絵の街 泣きそうな空が包む 肩 ...

約束の空

嘆きの淵 灯火(ともしび)消える なぜ ...

ひとしずく

雨は若葉の色を濃くする 涙も愛を深く染 ...

はらり

はらりはらり 散りゆく花よ 何思って大 ...

空の鏡

見えない月を 信じるように 恋におちた ...