いぶし銀 歌詞

歌:小田純平

作詞:リーシャウロン

作曲:小田純平

あんた 覚えているだろうか
駅裏歩いて 百歩ほど
あかあか灯(とも)る 新宿を
横目に呑んだよ 手酌でね
慎ましやかに 生きる術(すべ)
無精髭(ぶしょうひげ)から滲んで染みて
いい顔してるね 本物は
また会いたいよ あの屋台(みせ)で

そっと 真似などしてみるが
幾年(いくとせ)追うも 届かない
さまざま集う 生き様に
その名を残す いぶし銀
ただひたすらに 歩む道
誰が表舞台(おもて)に 引っ張り出せる
いい味出てるね あの口調(せりふ)
また聴きたいよ  あの席で

華やかなりし 世界でも
陰で磨いた匠(たくみ)が光る
いい顔してるね 本物は
また会いたいよ あの人に

小田純平について

和56年 4月 CBSソニーより『海を見ていよう』でデビユー。
小田純平の人気歌詞
時間(とき)の花びら

風にはらはら 舞う花びらが 私の代わり ...

残り香

あと幾つ 眠ったら あと何度 生まれ変 ...

無くしたものを数えてみても-2015-

理由(わけ)もないのに楽しくなったり 悲 ...

61

野に咲く花に生まれたら 明日に迷う事は ...

生きる程に

酒の飲めぬお前が 酔ったまねをして 底 ...

哀しみを眠らせて

どんなに名前を 叫んでみても どんなに ...

男がひとり飲む酒は

どこにもあるよな 居酒屋で 沁みるよ昭 ...

一行だけの置手紙

あなたが目覚める その前に この部屋を ...

東京迷い猫

あんた今から 帰るから バカな女(やつ ...

へのへのもへじ

外はどしゃ降り 雨の町 心ずぶ濡れ な ...

愛しき我が人生

生きることにも そろそろ 慣れてきたっ ...

神楽坂

毘沙門天の おみくじを 坂の途中で 引 ...

ごめんね

ごめんね、言えなかったけど 苦しくなか ...

半歌 ~愛しき人~

そう、誰もが同じ様に 憂(うれい)を胸 ...

時にはあなたを

時にはあなたを 憎んでみたり 時にはあ ...

落椿

指が触れれば それだけで 模様を変える ...

風の電話

あなたわたしが 見えますか 届いていま ...

安芸路の女

安芸の宮島 回れば七里 十二単衣の 雨 ...

大阪ボレロ

夢を食べて 暮らした 砂をかんでも笑っ ...

心のギター

訳もなく 訳もなく 心 寂しくて 街 ...