雪しずり 歌詞

歌:DEEP

作詞:Yuuki Odagiri(Vanir)

作曲:Yuuki Odagiri(Vanir)

揺れる粉雪 ささめ雪 夜空の花 牡丹雪
あなたの街に舞うのは どんな雪ですか?
今年の冬もこの胸は あなただけが降り積もる
逢いたくて 逢いたくて また雪しずり

一晩で降った新雪の上に
涙落ちて こおり雪に変わる
白よりも白い 雪を見る度に
あなた… あなたを思い出してしまう

一つ気まぐれに舞い降りて
ひらひらとこの街に 二人だけの季節がくる

揺れる粉雪 ささめ雪 夜空の花 牡丹雪
あなたの街に舞うのは どんな雪ですか?
今年の冬もこの胸は あなただけが降り積もる
逢いたくて 逢いたくて また雪しずり

互いの気持ちは 気付いてたはずで
だけど 時間(とき)の早さに勝てなくて
人知れず付けた足跡を
雪がそっと… そっと消してくれるのを待ってた

星が気まぐれに傾けば
いつしかの古傷が 寒空に痛みだすよ

はらり沫(あわ)雪 湿り雪 晴れ間に降る にわか雪
あなたが見上げてるのは どんな雪ですか?
轍(わだち)のような愛しさに 全てを奪われたまま
逢いたくて 逢いたくて また雪しずり

今頃何処かであなた
同じ想いでいるのなら
何もかもを捨てて迎えにいくよ 待ってて
もう自分を騙せないよ

揺れる粉雪 ささめ雪 夜空の花 牡丹雪
あなたの街に舞うのは どんな雪ですか?
想いはきっと万年雪 一時さえ途切れずに
逢いたくて 逢いたくて また…

はらり沫(あわ)雪 湿り雪 晴れ間に降る にわか雪
あなたが見上げてるのは どんな雪ですか?
轍(わだち)のような愛しさに 全てを奪われたまま
逢いたくて 逢いたくて また雪しずり

DEEPについて

2004年、EXILEのATSUSHIが自分自身の音楽のルーツであるブラック・ミュージックをベースにしたグループを結成。 「いつまでも色褪せないグループでありたい、いつまでも色褪せない歌を歌い続けたい。」のコンセプトの基に、その名を“COLOR”とする。 2006年、プロデューサー兼メンバーとしてのATSUSHIがプロデューサーに専念。TAKAを新リーダーに、「EXILE Vocal Battle Audition 2006 ~ASIAN DREAM~」出身の YUICHIRO、KEISEI、RYOの3人が加わり、新生“COLOR”となる。2009年7月、グループ名を“COLOR”から“DEEP”へ改名。 名の通り「深化」した音楽を目指すべくセルフプロデュースで活動を開始する。強力な個性の光るヴォーカリスト4人からなる、男性R&Bコーラスグループ。 《メンバー》 ・TAKA (タカ)  本名: 木村貴浩 (きむら たかひろ)  1983年10月24日  福岡県糟屋郡出身  O型 ・YUICHIRO (ユウイチロウ)  本名: 前田雄一郎 (まえだ ゆういちろう)  1981年11月8日  長崎県長崎市出身  A型 ・KEISEI (ケイセイ)  本名: 天羽景聖 (あもう けいせい)  1986年1月24日  北海道札幌市出身  A型 ・RYO (リョウ)  本名:前田亮太 (まえだ りょうた)  1986年7月11日  長崎県長崎市出身  O型
雪しずり のCD・楽譜
DEEPの人気歌詞
君じゃない誰かなんて~Tejina~

どんな言葉なら伝わるだろう 君を想う時 ...

SORA~この声が届くまで~

この空の下でめぐり合う奇跡 見上げた虹 ...

会いたい・・・

"さよなら…愛してるよ"と そう呟いて瞳 ...

白いマフラー

こんなどうしようもない ボクのことキミは ...

Tears

最寄りのバス停の時刻表 誰かの落書きに ...

君だけに…

冬空に吐いた息は 確かに泣いてた 「 ...

『サヨナラ』

ありふれた 言葉を並べても 届かない ...

Echo ~優しい声~

大好きなんだ、大すきなんだ、 想いを声 ...

Celebrate

深夜2時の君からの電話 「もう帰る」ま ...

希望の桜

あの日 君の 笑顔みてた あの日 君の ...

約束の場所

君と出逢って動き始めた 眩し過ぎる日々 ...

夜風

どうして こんな時間に あなたは 呼び ...

未来への扉

涙 揺れて 目に見えてた景色が 消えて ...

I Promise You

頼りない不器用なこの僕じゃ いつもはっ ...

SING

出会えた日を忘れない 君を見た瞬間に ...

Callin You

どれだけ願ったとしても あの歌のように ...

Just The Way You Are

今すぐ君へ fly fly 願えば叶う ...

Missing

言葉にできるなら 少しはましさ 互いの ...

たとえ100の言葉でも

降り出す雨の交差点 いつかも白い傘をさし ...