ふるさとの燈台 歌詞

歌:清水博正

作詞:清水みのる

作曲:長津義司

真帆片帆 歌をのせて通う
ふるさとの小鳥よ
燈台の岬よ
白浜に 残る思い出の
いまも仄かに
さざなみは さざなみは
胸をゆするよ

漁火の 遠く近くゆるゝ
はるかなる小鳥よ
燈台のわが家よ
なつかしき 父のまた母の
膝はゆりかご
いつの日も いつの日も
夢をさそうよ

歳ふりて 星に月にしのぶ
むらさきの小鳥よ
燈台の灯よ
そよ風の 甘き調べにも
想いあふれて
流れくる 流れくる
熱き泪よ
清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...