あめふり婦人 歌詞

歌:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

街がびしゃびしゃ濡れる夜までは
確かに声で溢れていた
今ではおよそ耐え難いくらいの
静けさ達がここに居た

不遜な心ばかり強くなる
私に愛をくださいな
いっとう重ねて弾ける泡沫
さびしくなってどうしようもない

真赤な笛の音 はしゃぐ子供たち
遠くのほうへ行くようだ
俄かに雨が降り出すみたいに
通りすがって消えていった

おどろに揺れるマッチの灯を抱え
どうやらとても暖かく
何故だか嫌に静かで煩い
心満たしてよ!

それはつかの間の恋心
明日になったら肥える灯を消してよ
つまらないことばかり
知らずのまにまに気が触れて

適当な言葉が澱むまま
夜の底へ行く列車に乗りましょう
いけないと知りながら
愛されたいのはあなただけ

街がびしゃびしゃ濡れる夜までは
確かに声で溢れていた
今ではおよそ耐え難いくらいの
静けさ達がここに居た

魚が揺れる雨に苛まれ
どうやらとても暖かく
何故だか嫌に静かで煩い
心満たしてよ!

それはでたらめな恋模様
明日になったら肥える灯を消してよ
つまらないことばかり
知らずのまにまに気が触れて

適当な言葉が澱むまま
夜の底へ行く列車に乗りましょう
いけないと知りながら
愛されたいのはあなただけ

雨降って溺れる街角で
確かなことなど何にもなくなって
くだらないことばかり
知らずのまにまに積み上げて

落とせその腕の荷物をさ
夜へ沈むには邪魔になるだけだろう
いけないと知りながら
愛されたいのはあなただけ
米津玄師の人気歌詞
馬と鹿

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩い ...

Lemon

夢ならばどれほどよかったでしょう 未だ ...

LOSER

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや ...

アイネクライネ

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに ...

灰色と青 ( + 菅田将暉)

袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車 ...

ドーナツホール

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

メトロノーム

初めから僕ら出会うと決まってたならば ど ...

ピースサイン

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎて ...

砂の惑星(+初音ミク)

何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音 ...

海の幽霊

開け放たれた この部屋には誰もいない ...

春雷

現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま ...

Flamingo

宵闇に 爪弾き 悲しみに雨曝し 花曇り ...

メランコリーキッチン

あなたの横顔や髪の色が 静かな机に並ん ...

Flowerwall

あの日君に出会えたそのときから 透明の血 ...

飛燕

翼さえあればと 灰を前に嘆いていた 鳥 ...

爱丽丝(アリス)

真っ逆さまに落っこちた ふとした刹那につ ...

かいじゅうのマーチ

少しでもあなたに伝えたくて 言葉を覚え ...

MAD HEAD LOVE

ああ 煮えたぎる喉の奥 どんどろりんと ...

Nighthawks

あの日 眠れずに眺めてた螺旋のフィラメン ...

orion

あなたの指がその胸がその瞳が 眩しくて ...