あとがき 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

通りすがる風景に 秋の陽はなんだかやけに鋭利
日常は徐行ぎみ 恐る恐る生きる意味
まるで酔っぱらいの世迷い言みたいに
口をつく苛立ち 弱音装う自己顕示
現実 妙に馴れ馴れしい あんたと上手くやれそうにないし

人の評価に怯え 孤独な夜は底冷えする様に事切れ
もうやめた 諦めた で終わる一日に募る焦りは
「いってらっしゃい」 生返事とあくびで答える君の笑顔には
なんとか報いたいと思う 心に密かに明かり灯る

東京 東京 どうか僕だけを選んでくれないか
ほんとどうしようもない 安ホテルで不甲斐なさに泣いた
酩酊して笑い合う 分かち合う 価値だけ続いてくれれば
明日もまた笑顔で帰れる

「ただいま」

詰まるところは 明日を知る なだらかな日々につまずいて
向かうところは ありもせず 未来の居場所だって未定
詰まるところは 明日を知る なだらかな日々につまずいて

(九月九日 夏惜しむ、蝉時雨の只中にて)

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
あとがき のCD・楽譜
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

僕が死のうと思ったのは

僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で ...

そういう人になりたいぜ

僕はあんまり出来た人間ではないから 君 ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

未来になれなかったあの夜に

「色々あったな」の 色々の一つ一つを ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

夕立旅立ち

いい事なんかなかった街でも 別れる時に ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...