終わりで始まり 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 なぜだか あの頃とは違って見えたんだ そうだな
ぼくも 少しはまともになれたかな いや そうでもないか 今も変わらず 上手く笑えない毎日です
あの頃の仲間も 無茶はしなくなった そりゃそうだ あいつも 立派な父親だもんな
部屋の中で死にそうな 顔をしていた僕も 今じゃこんな歌も歌えるようになった

友達のおかげで立ってるんだ 家族のおかげで歩けるんだ あなたのおかげで生きてるんだ
「ありがとう」なんて言いたかねぇや でもさ

いつか僕らが離れ離れになる その時だって笑っていたい
塞ぎ込んだ過去も正しかったと 言い張るために笑っていたい
それだけでいつかの 叶わなかった夢も ただの過ぎた景色になるんだ
結局空っぽのままのこの手を 僕らは大きく振りあって
答えさえ見つけられなかった目に 涙を溜めてさよならして
悲しむな これがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

この世界はそれほど 綺麗なもんじゃないけどさ そんなに急いで出て行く 事は無いじゃないか
僕等の期待を 世界はよく裏切るけれど 期待していなかった喜びに 時々出会えるんだ

裏切られた事に胸をはるんだ 信じようとした証拠なんだ 疑った分だけ損したんだ
「傷ついた」なんて言いたかねぇや だから

この先何があったって僕らは 振り向かずに走って生きたい
つまずいた昨日も助走だったと 言い張るため走って生きたい
それだけで 僕等の笑えない思い出も ただの笑い話になるんだ
あの時ついに崩れ落ちた膝で 暗闇の中 駆け抜けて
あの時砂を握った掌で 確かな物を掴みたくて
分かるだろう これがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

日々が過ぎて 年が過ぎて 大切な人達が過ぎて 急がなくちゃ 急がなくちゃ なんだか焦って つまずいて
もう駄目だ 動けねぇよ うずくまってても時は過ぎて 考えて 考えて やっと僕は僕を肯定して
立ち上がって 走り出して その時見上げたいつもの空 あの頃とは違って見えたんだ あの日の未来を生きてるんだ
全てを無駄にしたくないよ 間違いなんて無かったよ 今の僕を支えてるのは あの日挫けてしまった僕だ

「ありがとう」とか「愛しています」とか 分からないけど歌っていたい
信じてくれたあなたは正しかったと 言い張る為に歌っていたい
それだけだ 僕の背中を押すのは あなたが喜んでくれる顔
あの時伸ばし続けたこの腕で 大きくギターかき鳴らして
あの時何も言えなかった口で 下手くそな歌を 叫んで
いつだって ここがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
終わりで始まり のCD・楽譜
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

未来になれなかったあの夜に

「色々あったな」の 色々の一つ一つを ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

それを言葉という

僕らはいずれ錆び付いて ついには動かなく ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

僕が死のうと思ったのは

僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

空に歌えば

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立っ ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

ヒガシズム

上野 秋葉原 東京 押し合って生きる資格 ...

性善説

ねえママ あなたの言う通り 彼らは裁かれ ...