たとえば唄えなくなったら 歌詞

歌:かりゆし58

作詞:前川真悟

作曲:前川真悟

いくつもの街を越えて
いくつもの時を越えて
たどり着いた唄は 夕陽に
赤く染まって響く

消えて行く「今」達が
全てを連れて消えていく
喜びも悲しみも
夜空の彼方
消え去っていく

誰かの空っぽがひとつ
乾いた風に吹かれながら
片隅で転がっている
気付かれることもなく

また今日もこの街で
ふるさとの唄を焚けば
寒がりな心達が黄昏
夜は静かに更けていく
帰れなくて泣いた
戻れなくて戸惑った
「いちばん大切な人は誰?」
どうか思い出して

花が咲き 花が散り
誰もがいつか 星になり
何一つ そう 何一つ
同じかたちを留めない

誰かの落とした涙が
乾いたアスファルトに消える
「さよなら」も
言えないままで
行き場のない夢たち

また明日もこの街は
ゆっくりと生まれ変わる
数えきれないくらいの
孤独を静かに受け止めながら
ガラクタも宝物も
真実もウソも全部
煌々と輝く光の中 答えは誰も知らない

昨日までの日々と
明日の狭間で
いつだって そこだけさ
他にはどこにも行けない

また今日もこの街で
ふるさとの唄を焚けば
寒がりな心達が黄昏
夜は静かに更けていく
帰れなくて泣いた
戻れなくて戸惑った
「いちばん大切な人は誰?」
「本当に欲しかったものは何?」
「最後に帰り着く場所はどこ?」
どうか思い出して
どうか思い出して
かりゆし58の人気歌詞
アンマー

初夏の晴れた昼下がり 私は生まれたと聞 ...

オワリはじまり

もうすぐ今日が終わる やり残したことはな ...

ナナ

道草食っていこう 1つ大事な話があるから ...

さよなら

さよなら ただただ愛しき日々よ ずっと ...

会いたくて

何年経っても一緒さ 大事なものは変わらな ...

恋人よ

人を信じ抜くということは こんなにも難し ...

ウージの唄

ウージの小唄 ただ静かに響く夏の午後 ...

電照菊

電照菊の光よ 夜の帳を照らしてくれない ...

手と手

手と手を 手と手を その手と手を ...

ウクイウタ

諦めたりすんなよ まだまだまだいけるだろ ...

まっとーばー

真っ向からどストレートだ もう一歩も引け ...

ゆい

何もかも君となら これだけは君になら 心 ...

アナタの唄

あなたの頬に伝い落ちる涙の訳を知ってるい ...

心に太陽

もう少しあとちょっとあと一歩進んでみよう ...

恋唄

僕らはまだ過ぎ行く夏に別れを告げられなく ...

日々紡ぐ

「夜の向こうじゃ もう明日が生まれている ...

全開の唄

ぶちかましてやろう 出たとこ勝負いつで ...

ピクニック

丘を越え 行こうよ 口笛 吹きつつ 空 ...

魚(UO)

何もすることがないから おっちゃんは魚釣 ...

ノーグッバイ自分

ああでもない こうでもないとか誰かが言う ...