旅の駅 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:円香乃

作曲:新井利昌

「おにいさん…どこまで行くの」
「次の列車で 行けるとこ」
雪に埋もれた 待合室で
無口な男が 小さく笑う
「あたしもサ…」「あたしもサ…」
流氷鳴いてる 北の駅
北の駅

「おねえさん…身寄りはいるの」
「遠い昔に 死んじゃった」
背中丸めて 唇かんで
淋しい女が 涙をぬぐう
「しんどいナ…」「しんどいナ…」
灯りがポツリと 夜の駅
夜の駅

「おにいさん…そろそろ来るよ」
「やけに汽笛が せかせるな」
吹きっさらしの 改札口で
振り向き男が 片手を上げる
「げんきでネ…」「げんきでネ…」
小雪がシンシン 旅の駅
旅の駅
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...