手をつないで 歌詞

歌:大石秀一郎(近藤孝行)

作詞:間瀬公司

作曲:間瀬公司

風に流れる雲が 遠い空に溶けて行く
あの日と同じ季節に 目を細めている

そっと光に触れた 指をすり抜ける様に
このまま 変わらないずっと 優しい景色

誰もが皆天使だった頃
抱え切れない程の夢を 星に願った

果てない 輝く明日へ 世界を走り続けて行こう
どこまでも 手をつないで
うつむく 君を包んで こぼれた 頬伝う涙拭って
真っ直ぐに 消えない想い抱きしめ 永遠に

時に傷つきながら 人は優しくなれる
寄り添い 誇らしく凛と 立つあの樹のように

いつも笑顔のままで 心飾らない様に
このまま 離さないずっと 描いた未来

誰もが皆切なく願う
大切な人の幸せを いつもきっと

溢れる 想いを胸に 僕らの夢へと辿り着こう
いつの日か 手をつないで
微笑む 君を包んで 遥かな 青く優しいあの空に
揺られて 消えない恋のメロディーが 響いてる

瞳 閉じて手探りで 光 求めて彷徨っても
つないだ手を決して離さない 強く

果てない 輝く明日へ 世界を走り続けて行こう
どこまでも 手をつないで
いつでも 君を包んで 煌く 新しい陽が射す空へ
真っ直ぐに 消えない想い抱きしめ 永遠に