Time 歌詞

歌:くるり

作詞:Shigeru Kishida

作曲:Shigeru Kishida

ここがどこだかわかるかい 君は果てまで来たよ
どこまでも行けるって 言ってた君のこと
抱きしめたいよ

ここはシャンゼリゼ通りなのか幻なのか 変になる
ふたりの思い出はいつも メトロのホーム

これがどこから乗ればいいのか
君は迷っていたよね

だから約束通りに丘の見える方へ
連れて行ってよ どこまでも
君と繋がっていたい どうだろう
泣かないで
石畳濡らす雨のようだな

いつかこのままふたりが 緩やかに歳を重ねたら
いたずらみたいに笑って 思い出すのかな

欲しいものが手に入るくらいに 幸せならば
それでも失うことばかり 考えてしまうんだ

君の眼に映る青い空は 誰のものでもないだろうが
明るい陽射しのような顔をしておくれよ

くるりについて

■ Member 岸田 繁 / Shigeru Kishida 佐藤 征史 / Masashi Sato ■ Biography 96年に立命館大学のサークル仲間である、岸田繁(VO.&G)、佐藤征史(B)、森信行(Ds)の3人により結成。97年11月BADNEWSより1000枚限定デモ音源CD「もしもし」をリリースし、年内に完売、関西のみならず全国での注目を集める。98 年5月ミニアルバム「ファンデリア」をリリースし、同年10月にはマキシシングル「東京」でメジャーデビューを果たす。現在までにシングル17枚アルバム 6枚をリリース。現在の日本のロックシーンで最も注目を集めるバンドである。2001年ギターに大村達身が加入。2002年ドラムの森信行がバンドを離れる。3月には初めてSXSWに出演、4月〜7月にかけて武道館公演を含む全国45公演のツアーを行った。2004年10月にクリストファーマグワイアが脱退。2005年はくるりの活動以外に、岸田・佐藤がCoccoをヴォーカルに結成されたバンドSINGER SONGERのメンバーとして参加。 2006年7月にはバンド結成10周年を迎え、初のベストアルバム「ベスト・オブ・くるり / TOWER OF MUSIC LOVER」をリリース。オリコン初登場3位のヒットとなる。同年末、大村が脱退。 2007年に入り、サポートドラマーに菊地悠也を迎え邦楽ロックバンド史上初となるウィーンレコーディングを開始する。5月には18番目のシングルとなるJUBILEEを発表し、6月27日には7作目となるアルバム「ワルツを踊れ Tanz Walzer」を発売。9月23日は史上初となる京都での野外音楽フェスティバル「京都音楽博覧会 IN 梅小路公園」を主催する。 また、それらの活動の傍ら自主レーベルNOISE McCARTNEY RECORDSを設立し、くるりのアンテナに引っかかった良質な音源をリリース中。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
あなたへ贈る歌

歌:erica

あなたに手紙を書こうとか 直接会って言 ...

The Veranda

歌:くるり

言い訳なんか通用しないさ ベランダの煙 ...

箱庭 ~ミニチュアガーデン~

歌:天野月子

欲しい物など手に入れたら ただのガラクタ ...

君は愛されてる

歌:LGMonkees

そこの真っ赤な口紅したHey Girl ...

ウェディングロード feat.Noa

歌:LGYankees

(HIRO) あなたは覚えてますか? ...

Real?

歌:MIYAVI

3, 2, 1, We're count ...

LOVEずっきゅん

歌:相対性理論

ここ ここ ここはどこ 宇宙 わたし中 ...

EYES, NOSE, LIPS(JPN Ver.)

歌:SOL(from BIGBANG)

「ゴメン…ゴメンね」って Baby もう ...

歌:秦基博

少し伸びた前髪を かき上げた その先に見 ...

歌:GReeeeN

ほら、顔あげ少し笑って そりゃ色々ある ...

赤い電車

歌:くるり

赤い電車に乗っかって 僕はどこかへ行っ ...

くるりの人気歌詞
ばらの花

雨降りの朝で今日も会えないや 何となく ...

奇跡

いつまでも そのままで 泣いたり 笑った ...

ハイウェイ

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあっ ...

魔法のじゅうたん

君のこと沢山知ってるつもりだったな だ ...

京都の大学生

四条烏丸西入ル 鉾町生まれのお嬢さん ...

ブレーメン

ブレーメン 前の方を見よ 落雷の後に人 ...

言葉はさんかく こころは四角

言葉は三角で 心は四角だな まあるい涙 ...

ワールズエンド・スーパーノヴァ

いつだって僕らは誰にも邪魔されず 本当 ...

ロックンロール

進めビートはゆっくり刻む 足早にならず ...

ワンダーフォーゲル

僕が何千マイルも歩いたら 手のひらから ...

東京

東京の街に出て来ました あい変わらずわ ...

There is(always light)

さよなら 別れは つらいものだとして ...

この街は僕のもの 手をとり登った山も ...

春風

揺るがない幸せが、ただ欲しいのです 僕 ...

青い空

とぼけるなよ 止まって見えるのは気のせ ...

BIRTHDAY

僕の生まれた日は いつもいつもこんな ...

The Veranda

言い訳なんか通用しないさ ベランダの煙 ...

旅の途中

晴れわたった 空の向こうのすき間から ...

太陽のブルース

大事なことは 忘れたりしないように ど ...