荒川線 歌詞

歌:水森かおり

作詞:紙中礼子

作曲:弦哲也

豆腐屋の ラッパの音が
おかえりの合図でした
買い物帰りの 母にかけより
歩いた小路(こみち) 夕焼けトンボ
三ノ輪橋から早稲田へ
今も同じ風の匂い
まぶた閉じれば若い日の
母が 母が浮かびます

遮断機が 上がって下りて
一両の電車が行く
言葉が途切れて 伝えきれずに
うつむくだけの 初恋でした
面影橋で別れた
彼がくれた旅のハガキ
捨てることなどできなくて
ずっと ずっと宝物

歳月(さいげつ)は 流れるけれど
変わらないものもあるの
軒先かすめて コトンコトンと
昭和の時間(とき)を ゆるりと運ぶ
荒川線に乗るたび
胸にほっとともる灯り
巡る季節もなつかしい
心 心かよう町

巡る季節もなつかしい
心 心かよう町
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...