逢いたくて大阪… 歌詞

歌:水森かおり

作詞:仁井谷俊也

作曲:吉富小百合

しとしと小雨が降る
こころに冷たく降るわ
いつしか昏(く)れゆく街
胸によみがえる 想い出よ
あの日とまるで同(おんな)じように
寄り添う恋人たち 傘の花咲く
濡れて大阪 曽根崎新地
いつもやさしかった あなた今何処(どこ)に
雨よ悲しみ わかるのならば
どうかつれて来て欲しい 逢いたいあなた…

ぽつぽつあかりが灯(つ)き
誰もが家路を急ぐ
ひとりの寂しい部屋
今は帰らない 帰れない
あれからあなた幸せですか
涙を映(うつ)す川を どこで見てるの
濡れて大阪 相合(あいおい)橋(ばし)よ
すべて忘れたいの 遠いあの別れ
雨よ悲しみ わかるのならば
時間(とき)をもとに戻してよ あの日のままに…

濡れて大阪 千日前よ
ふたり将来(あす)の夢を 見てたあの頃は
雨よ悲しみ わかるのならば
どうかつれて来て欲しい 逢いたいあなた…

どうかつれて来て欲しい 逢いたいあなた…
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...