酒と泪と男と女 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:河島英五

作曲:河島英五

忘れてしまいたいことや
どうしようもない寂しさに
包まれたときに男は
酒を飲むのでしょう
飲んで飲んで 飲まれて飲んで
飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
やがて男は静かに 眠るのでしょう

忘れてしまいたいことや
どうしようもない悲しさに
包まれたときに女は
泪みせるのでしょう
泣いて泣いて ひとり泣いて
泣いて泣きつかれて 眠るまで泣いて
やがて女は静かに 眠るのでしょう

またひとつ女のほうが 偉く思えてきた
またひとつ男のずるさが 見えてきた
俺は男 泣きとおすなんて出来ないよ
今夜も酒をあおって 眠ってしまうのさ
俺は男 泪はみせられないもの
飲んで飲んで 飲まれて飲んで
飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
やがて男は静かに 眠るのでしょう
島津亜矢の人気歌詞
梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

出世坂

千里を走る 虎よりも 一里を登る 牛に ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

おもいで宝箱

あの日の空を 覚えてる 見果てぬ夢の ...

北海峡

愛の渦潮 逆巻(さかま)く未練 海峡渡 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

いのちのバトン

何もかも 欲しがって生きるより つつが ...

温故知新

ながい道程(みちのり) 歯をくいしばり ...

お初

命追われて 力も尽きて 闇路に光る ふ ...

寿三杯船

一番船には 親が乗り 三番船には 孫が ...

兄弟仁義

親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎり ...

父娘坂

山に山風 野原に野風 親の心に 別れ風 ...

帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

お徳

「お徳、お前がいのちだ」と言って下さった ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

逢いたくていま

あなたを 想っている ずっと この心は ...

八重~会津の花一輪~

明日の夜は 何国(いずこ)の誰か ながむ ...

想い出よありがとう

想い出よ ありがとう やっと今 そう云 ...

一本釣り

日暮れ港に 花火があがり 祭ばやしが ...