案山子 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

城跡から見下せば蒼く細い河
橋のたもとに造り酒屋のレンガ煙突
この町を綿菓子に染め抜いた雪が
消えればお前がここを出てから 初めての春

手紙が無理なら 電話でもいい
「金頼む」の一言でもいい
お前の笑顔を待ちわびる
おふくろに聴かせてやってくれ

元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

山の麓煙吐いて列車が走る
凩が雑木林を転げ落ちて来る
銀色の毛布つけた田圃にぽつり
置き去られて雪をかぶった 案山子がひとり

お前も都会の雪景色の中で
丁度あの案山子の様に
寂しい思いしてはいないか
体をこわしてはいないか

手紙が無理なら 電話でもいい
「金頼む」の一言でもいい
お前の笑顔を待ちわびる
おふくろに聴かせてやってくれ

元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る
島津亜矢の人気歌詞
梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

出世坂

千里を走る 虎よりも 一里を登る 牛に ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

おもいで宝箱

あの日の空を 覚えてる 見果てぬ夢の ...

北海峡

愛の渦潮 逆巻(さかま)く未練 海峡渡 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

いのちのバトン

何もかも 欲しがって生きるより つつが ...

温故知新

ながい道程(みちのり) 歯をくいしばり ...

お初

命追われて 力も尽きて 闇路に光る ふ ...

寿三杯船

一番船には 親が乗り 三番船には 孫が ...

兄弟仁義

親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎり ...

父娘坂

山に山風 野原に野風 親の心に 別れ風 ...

帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

お徳

「お徳、お前がいのちだ」と言って下さった ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

逢いたくていま

あなたを 想っている ずっと この心は ...

八重~会津の花一輪~

明日の夜は 何国(いずこ)の誰か ながむ ...

想い出よありがとう

想い出よ ありがとう やっと今 そう云 ...

一本釣り

日暮れ港に 花火があがり 祭ばやしが ...