伊香保の女よ 歌詞

歌:清水博正

作詞:志賀大介

作曲:弦哲也

たまらなく 逢いたくなって
ひとり湯の町 しのび宿
川の瀬音を 枕で聞いて
泣いた涙の 紅つばき
も一度逢いたい 伊香保の女(ひと)よ

すこしだけ いただきますと
お猪口さし出す 白い指
今は噂も 聞かぬといった
路地の夜風の つれなさよ
おもかげ恋しい 伊香保の女(ひと)よ

榛名富士 淋しく暮れて
未練ごころを また濡らす
坂の石段 ぼんぼり明かり
湯の香せつない 洗い髪
も一度逢いたい 伊香保の女(ひと)よ
清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...