MONSTAR 歌詞

歌:いきものがかり

作詞:水野良樹

作曲:水野良樹

わん とぅー すりー ふぉー
わん とぅー すりー

わっつあーっぷ わっつあーっぷ

マジメなんて言わないで あーもう じれったいよ ろっくおん ろっくおん
キミこそが世界なんです 着ぐるみ剥がして笑ってみせて

よろこびをそのままに 伝えたいと思います
夢と現実のはざまがオイシイとこだから
ひとりだけじゃ嫌だよ だってさびしくなるでしょ
キミと ボクで 抱きしめあいたい

ボクはモンスター 愛を歌えば
こころから キミのこと ダイスキだと言えます
キミの青春 奪ってあげる
誰よりも 何よりも キミを変えてしまいたい うわぉ

わっつあーっぷ わっつあーっぷ

かっこつけてぶらさげて あーもう 可愛いくなる どきゅーん どきゅーん
おとぎ話を捨てて ぜんぶ 今ここで つくってしまおう

先生もゆってたでしょー 清く正しくランデブー
わからないことだらけ それが素敵なの
ふたりだけのナイショね だって楽しくなるでしょ
キミと ボクで 抱きしめあいたい

キミはモンスター 愛に踊れば
からだから ときめいて 壁をこわしてしまえ
ボクの青春 奪ってほしい
誰よりも 何よりも キミとはしゃいでいたいから うわぉ

キラキラとひかるものだけで 愛があるわけじゃないから
ひねくれてはいつもやんちゃするけど キミのこころに触れるたび 目覚める

ボクはモンスター 愛に生きれば
世界から キミだけを みつけられるはずだよ
これが青春 永遠となれ
誰よりも 何よりも キミといま あそびたい うわぉ

モンスター モンスター モンスター モンスター

いきものがかりについて

1999年  2月、高校の同級生だった水野良樹と山下穂尊によって結成。 ユニット名は水野・山下が小学校1年生の時、一緒に「生き物係」をしていたことに由来する。 同年12月には同級生の妹、吉岡聖恵が加入。 2006年  3月15日、エピックレコードジャパンよりメジャーデビュー。 《メンバー》 ・吉岡聖恵(YOSHIOKA KIYOE)  パート:Vocal  生年月日:1984.2.29/血液型:A型 ・水野良樹(MIZUNO YOSHIKI)  パート:Guitar&Vocal  生年月日:1982.12.17/血液型:A型 ・山下穂尊(YAMASHITA HOTAKA)  パート:Guitar&Harmonica  生年月日:1982.8.27/血液型:O型
MONSTAR のCD・楽譜
いきものがかりのみなさん、こんにつあー!!2013~I~(Blu-ray Disc)
【収録曲】・~The Thema of “I” TOWN~・1 2 3 ~恋がはじまる~・気まぐれロマンティックマイサンシャインストーリー風が吹いているあしたのそら・~Beyond the Rainbow~・なんで恋愛小説月とあたしと冷蔵庫東京・~Riot of Monster~・MONSTARぱぱぱ~やうるわしきひとキミがいる笑ってたいんだ笑顔笑顔 ~Lots of Smiles Version~ <Encore>・じょいふる <Encore>・ありがとう <Encore>・ぬくもり <Encore>

いきものがかりの人気歌詞
ありがとう

“ありがとう”って伝えたくて あなたを見 ...

YELL

「“わたしは”今 どこに在るの」と  ...

笑顔

だから僕は笑ってほしいんだ だから君と生 ...

SAKURA

さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れ ...

ブルーバード

飛翔(はばた)いたら 戻らないと言って ...

熱情のスペクトラム

鳴りやまぬ 愛をさけぶよ すべてを抱いて ...

ラストシーン

涙がとまらないよ 君に会いたくなる 春 ...

じょいふる

キミノコエヲキカセテ サア ボウケンシテ ...

帰りたくなったよ

心の穴を埋めたいから 優しいフリして笑っ ...

コイスルオトメ

つのる思いを打ち明けた 大きくうなづいて ...

気まぐれロマンティック

ロマンティック 恋のアンテナは 嵐で何処 ...

生きる

もうすぐ 春だね さくらは 咲くかな ...

心の花を咲かせよう

僕等が駆け抜けた時期(とき) 明日へと向 ...

HANABI

煌いて 揺らめいて 蒼き夢 舞い放つ ...

さよなら青春

悲しみを抱きしめて それでも冬を越えて ...

キミがいる

Ah 夢に見てた こがれていた キミがい ...

いつだって僕らは

輝いたその日々の中で僕らは何を見つけたん ...

茜色の約束

茜色した 陽だまりのなか 無口な風が ふ ...

花は桜君は美し

花は桜 君は美し 春の木漏れ日 君の微笑 ...

笑ってたいんだ

ヒーローなんていらないよ ぼくはきみの言 ...