蕾 歌詞

歌:小林太郎

作詞:小林太郎

作曲:小林太郎

誰かに聴こえるほどの声で私語いた
愛がなにかとかそんな話は横に置いといた
拙い手段でとりあえず君を抱いた
心から溢れ出た言葉は全て零した

ガサツに包み込んだものだから傷んでしまった
その小さな蕾を今 両手に浮かべてみる

飛び出してみたい 君となら
後悔し放題 泣き笑い
でもいいじゃないの それこそが
僕が強請った世界

心と心で話し合うことを恐れた
小さくて弱い自分の姿は見られたくなかった

それでもいつかは自分なりの言葉で
その小さな蕾だけを守っていければいい

弱点ばっかで嫌になる
救いの手なんてありゃしない
まぁいいじゃない 君と2人
人生を分け合う世界

頼りなくそれでも陽を探して 笑っていた
あの小さな蕾こそが まさに君だと識る

100点ばっかじゃ嫌になる
救いの手を拒んできた
もういいじゃないの 強がりは
ここに置いていこう

飛び出してみたい 君となら
後悔し放題 泣き笑い
でもいいじゃないの それこそが
僕が強請った世界

だからいいじゃない 君と2人
人生を分け合う世界
小林太郎の人気歌詞
サナギ

君と僕の思い出に 蛹の言葉を探し始める ...

美紗子ちゃん

道行く人や人 指先で跳ね返した手と手 ...

君はもう自由に飛べると信じていた 羽に ...

白い花

ここには誰もいないようだから 白い花を ...

安田さん

夢を見るために必要な光 眠り方を数えてい ...

DIVE DEEP

息を止めるか 吐き続けるか 言われたま ...

華やかな街を避け 路地裏に佇んで 貪り食 ...

飽和

形状記憶型毎日です どんな負荷にも耐え ...

frontier

心に何発か喰らってしまって 傷口開けばそ ...

鼓動

「もう、行かなきゃ」なんて言うから 僕 ...

Armour Zone

お前は誰だ オレの中のオレ 陰(かげ) ...