哀愁の夜想曲(ノクターン) 歌詞

歌:秋元順子

作詞:花岡優平

作曲:花岡優平

なんとなく哀愁 一人きりの夜は
過ぎた日の事ばかり 想い出巡るの
あの頃はいつでも 喧嘩して泣いてた
愛に縛られるより 自由に飛びたくて
夢はどこに行ったの…
愛はどこに行ったの…
夜明けまでゆらゆら
生きている事さえ 辛くて泣いていたけど
今よりもあの頃が 幸せだったようで…

想い出のあなたは 何故かしら笑顔で
話しかけてくるから よけいに辛いの
化粧してみたけど 淋しさは消えない
誰のせいでもないと 鏡に一人ごと
夢はどこに行ったの…
愛はどこに行ったの…
蜃気楼ゆらゆら
生きている事さえ 辛くて泣いていたけど
今よりもあの頃が 綺麗だったようで…

生きている事さえ 辛くて泣いていたけど
今よりもあの頃が 幸せだったようで…
秋元順子の人気歌詞
愛のままで…

小鳥たちは 何を騒ぐの 甘い果実が 欲 ...

別れの朝

別れの朝 ふたりは さめた紅茶 のみほ ...

砂漠のバラのように…

サハラの北の砂漠には 砂漠のバラがある ...

二度目の初恋

桜が咲いたら 恋したくなった 口にした ...

秘恋

いいの私このままで ひどい女といわれて ...

ティ・アモ~風が吹いて~

あなたに出逢えて 風が吹いた 激しい夏 ...

忘れないわ

忘れないわ あなたを 別れたあとも 胸 ...