酒と泪と男と女 歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:河島英五

作曲:河島英五

忘れてしまいたい事や
どうしようもない寂しさに
包まれた時に
男は酒を飲むのでしょう
飲んで 飲んで 飲まれて飲んで
飲んで 飲み潰れて
眠るまで飲んで
やがて男は 静かに眠るのでしょう

忘れてしまいたい事や
どうしようもない悲しさに
包まれた時に
女は泪みせるのでしょう
泣いて 泣いて 一人泣いて
泣いて 泣きつかれて
眠るまで泣いて
やがて女は 静かに眠るのでしょう

又ひとつ 女の方が偉く思えてきた
又ひとつ 男のずるさが見えてきた
おれは男
泣きとおすなんて出来ないよ
今夜も酒を呷って 眠ってしまうのさ
おれは男 泪は見せられないもの

飲んで 飲んで 飲まれて飲んで
飲んで 飲み潰れて
眠るまで飲んで
やがて男は 静かに眠るのでしょう
やがて男は 静かに眠るのでしょう

鳥羽一郎について

S57年 8月25日 日本クラウンより「兄弟船」で歌手デビュー。S58年12月 第16回全日本有線大賞“新人賞”受賞。 S60年 NHK紅白歌合戦に初出場。「
酒と泪と男と女 のCD・楽譜
鳥羽一郎の人気歌詞
兄弟船

波の谷間に命の花が ふたつ並んで咲いて ...

男の港

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が ...

浪花裏通り

義理の貸し借り あればこそ 渡る世間も ...

花板の道

からだひとつで 故郷(ふるさと)捨てて ...

祭り唄

帰る気になりゃ 日帰りで 行ける故郷も ...

中仙道

旅の空 日暮れて 街道に 湯煙りが流れ ...

男の庵

春まだ遠い 如月は 北風 襟立て 裏通 ...

旅路の酒

旅路の果ての 居酒屋に 一輪ゆれる 赤 ...

カサブランカ・グッバイ

私はいつも あなたに言った 別れ話は ...

海の匂いのお母さん

海の匂いが しみこんだ 太い毛糸の チ ...

鯱って奴は 自分より でっかい獲物に ...

人生ど真ん中

辛(から)い時代の ど真ん中 逆風(か ...

山陽道

それじゃ行くぜと 背を向けりゃ 露地を ...

男酒

夢ものぞみも 故郷(ふるさと)も 今じ ...

スペイン坂

駐車場から でてきた 女性(ひと)は ...

北の鴎唄

山背が吠えれば こころも時化る 今夜は ...

兄弟酒

男が二人で 女がひとり 三角波だよ こ ...

耳朶

あたし捨てたら 殺すよと 俺の耳朶 噛 ...

夢追い守子唄

小樽運河に 着物でいたという 霧の釧路 ...

青と白のブルース

酒が涙の 替(かわ)りになって 夜の帳 ...