ミサイル 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

取り返しの付かない未来は 今更どうすることも出来ないと
鈍色に輝きをくすぶらせて ワンルームのベッドの中で不貞寝している
つけっぱなしにしたテレビでは アナウンサーが黒い服を着て
参列者に話を聞いている 「未来がお亡くなりになりました」
テロ関連施設ミサイル攻撃のニュースを聞きながら
胸を痛めてみせる家賃未納の夢にぶら下がる僕の頭上を
人生を俯瞰でしか感じられない僕らの日常を
すれすれにかすめてミサイルが飛んでった

僕らの自由とはミサイルで 僕らの自由とは平和主義で
全てを作り直したくて 全てを壊してみたりする
僕らの自由とは芸術で 僕らの自由とはリストカットで
全ての人に認められたくて 全ての人を憎んだりする

誰が悪いとか 言ったって 等しく惨めに命を這いずって
「死にたくねぇ」と言えばそれですんでしまう それだけに何百小節も費やして
年3万人の自殺者の切迫した動機のそれぞれを
食い物にする唄うたいとワイドショーの明確な類似性を
人生の気まずさを 穴埋めしたいが為の大義を
すれすれにかすめてミサイルが飛んでった

僕らの自由とは心療内科で 僕らの自由とは承認欲求で
全ての人に優しくされたくて 傷ついた振りをしてみたりする
僕らの自由とは信仰で 僕らの自由とは唯物論で
全て人のためだと言い聞かせて 奪い合っていたりする

固有名詞に放たれた銃声は 僕らにとっては時報程の響きで
上空を通り過ぎたミサイルは 未だ誰の「心」にも落下せず
自堕落な生活の果てに待つ結末ののっぴきならなさと
暗雲たれ込める時代の不安がはからずもリンクした

「どうせならこの もやもやを ろくでもないこの世界を」
なんて口走る自己弁護を 吹き飛ばしてくれよ

僕らの自由とは帰らぬ日々で 僕らの自由とはこぼれるひとしずくで
全て願えば報われると 明けない夜に願ってる
僕らの自由とは背徳で 僕らの自由とは不自由で
ただ一つを手にするために 全てを投げ捨てたりする
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
ヒガシズム

歌:amazarashi

上野 秋葉原 東京 押し合って生きる資格 ...

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

孤独な旅人

歌:エレファントカシマシ

孤独な旅人 いずれ僕ら そんなものだろ ...

逃避行

歌:amazarashi

地下鉄にへばり付いたガム踏んづけて もう ...

風に流離い

歌:amazarashi

「彼女に振られたんですよ」 と心療内科の ...

CHU-LIP

歌:大塚愛

パパのような人に 惹かれてるような 後 ...

青春のリグレット

歌:松任谷由実

笑ってはなせるね そのうちにって握手し ...

僕は盗む

歌:amazarashi

星を盗む。オリオン座を盗む。リゲルを盗む ...

CANDY

歌:高橋優

それは晴れた昼下がりのありふれた出来事 ...

デスゲーム

歌:amazarashi

吹き消される命は テレビラジオの向こう側 ...

ポルノ映画の看板の下で

歌:amazarashi

古びた団地の陰が伸びる 荒れ果てた花壇飲 ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...