夢港 歌詞

歌:北見恭子

作詞:松井由利夫

作曲:岸本健介

俺の小指を 噛みながら
泣いたお前も 北海育ち
船をとろうか 女をとるか
思案したとて 答えはひとつ
明日は別れだ この港町

夢を涙で よごしたら
俺もお前も しこりが残る
泣いていないで ボトルの酒を
空にしようぜ 逆さに振って
窓の向こうで 霧笛が咽ぶ

嘘で女は 抱けるけど
嘘で心を あずけちゃゆけぬ
三日二晩 おろした錨
夜が明けたら ぎりぎり巻いて
俺は帰るぜ 鴎のねぐら

北見恭子について

小学校3年山形放送「花の民謡相撲」ラジオコンテスト入賞。高校2年山形放送「ミス民謡コンクール」優勝。 昭和48年 「夏の夜祭り」でコロムビアよりデビュー 。昭和54年 作曲家船村徹先生に師事以来漁船海難遺児チャリティー活動を続ける。 昭和60年 漁船海難遺児チャリティー活動に対し水産庁長官賞受賞。 平成2年 第23回全日本有線放送大賞「特別賞」受賞 。平成5年 第1回水産ジャーナリストの会「年度賞」受賞 。 平成10年 漁船海難遺児チャリティー活動に対し農林水産大臣より感謝
夢港 のCD・楽譜
北見恭子の人気歌詞
紅の舟唄

この舟が 酒田港に 着くまでは わたし ...

桜前線

「今年さいごの 桜じゃろうか」 「何を ...

夫婦ちぎり

あなたひとりの からだじゃないと 俺を ...

夫婦ちょうちん

夫婦ちょうちん 浮世の風も 今年ばかり ...

鈍行夢列車

おまえさん 後ろへ走っているのかと 特 ...

緋牡丹慕情

一枚二枚と はじらいながら 夢の重ね着 ...

さみしがり

男ぎらいを 通せるもんか 私の女が 愚 ...

霧情の港

忘れたつもりのおもかげを 思い出させて ...

浪花夢あかり

思い通りに すらすら行けば おもろうな ...

あがらっしゃい

よしず囲いの 屋台を叩く 霙まじりの ...

望郷月夜

都会暮らしの 寂しさに みちのく津軽が ...

博多夜雨

帰っちゃいやよと あなたの背中 縋(す ...

おんな船唄

船が出る日は 指までやせる 「可哀想に ...

恋双六

惚れて別れて 振り出しに 戻る男女の ...

恋双六(こいすごろく)

惚れて別れて 振り出しに 戻る男女の  ...

面影みれん

ひとりでいるやら ふたりやら あのひと ...

夜ごとの涙

あなたにあげた さよならを 忘れるため ...

大阪のれん

ごめんなさいね 誰にでも 愛想がなくっ ...

若狭恋枕

ついてゆけない連れてもゆけぬ 恋を断ち ...

こころ妻

あなたの残した 吸い殻を かぞえる女に ...