憂忌世(うきよ)ぶし 歌詞

歌:石川さゆり

作詞:吉岡治

作曲:岡林信康

咲くも花なら 散るのも花よ
散った私が 馬鹿みただけで
涙ながした 十五の春の
キラリ光った 遠賀川

家出したのが そのすぐ後で
別に当てなど さらさらないが
どうせ貧乏で おやじは酒乱
母が泣くのが 可哀相

はじめ中洲で 茶店に勤め
金につられて キャバレー勤め
あれはヤクザと わかって惚れて
いつか売られて 汚されて

いいさ酒場の 酔いどれ草に
かけてくれるな なまじの情け
つくり話と きちがい水に
逃げてすがって 生きてゆく

その後はなしを 聞きたい方は
去年ムショから でてきたはずの
東京町田市 中村チヨが
一部始終を 聞かせましょう
一部始終を 聞かせましょう

涙流した 他人の不幸
酒の肴に 聞かせましょう
優しい言葉を 信じたことが
事の始まり 身の終わり

恨みつらみは 夢路の後よ
惚れた女が 馬鹿をみた
キラリ光った 刃物の先に
愛しいまことを 探してた
愛しいまことを 探してた
石川さゆりの人気歌詞
津軽海峡冬景色

上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅 ...

能登半島

夜明け間近 北の海は波も荒く 心細い旅 ...

飢餓海峡

ちり紙につつんだ 足の爪 後生大事に ...

あぁ… あんた川

夢の続きが あるのなら 連れて逃げると ...

天城越え

隠しきれない 移り香が いつしかあなた ...

歌麿 -UTAMARO-

火を抱いて 闇の中 月の出を 待ってい ...

夫婦善哉

浮草ぐらしと あなたが笑う 肩に舞うよ ...

暗夜の心中立て

好きと云はれりや誰にでも からだをひら ...

肥後の盆唄

襦袢(じゅばん)の裾(すそ)に 蛍が止ま ...

ウイスキーが、お好きでしょ

※ウイスキーが お好きでしょ もう少し ...

Ra.n.se

諦めようとしました 忘れる…ためらいま ...

風の歌 波の歌

風は何を歌うのでしょう 生まれた山の悲 ...

ちょいと…

こんなところで逢うなんて嘘みたい 熱い ...

居酒屋「花いちもんめ」

言いたいことがあるからと あんた一升か ...

朝花

夏は過ぎ 胸に残る唄ひとつ あのひとと ...

かくれんぼ

想い出します かくれんぼ 日暮れ近づく ...

夏、うれしいね

夏は あまくすっぱい 林檎飴 赤い鼻緒 ...

あいあい傘

壁に描いたいたずら書き あいあい傘の ...

不忍恋歌

いくつか恋もしました 傷付いた日もあり ...

だいこんの花

賑やかに 笑って一生 泣くのも一生 ...