1994年の雷鳴 歌詞

歌:AKB48 チームサプライズ

作詞:秋元康

作曲:すみだしんや

動画を観る

あの日は空が光ってた
時折 瞬(まばた)きするように
少し遅れて雷鳴 そばで響いた

校舎の壁に身体(からだ)を寄せて
僕らは雲行きを案じた
風に混じって 頬に雨粒
「帰れないね」って君が言った

シャツが汗ばんで
息苦しくなる
確かに恋だった

2人の若さは不器用で
見つめ合うことさえできなくて
同じ空気を吸うのがせいいっぱいだった

胸の奥のその片隅に
気づかれないように隠してた
イタセクスアリスとは片想い

どしゃぶりの雨 なす術もなく
ぬかるむ地面を見ていた
灰色の空 籠る稲妻
君の横顔 照らしていた

何を話せばいい?
無口な轍(わだち)が
心に続いてる

2人の若さは不器用で
見つめ合うことさえできなくて
同じ空気を吸うのがせいいっぱいだった

僕はそっと耳を塞いで
大人の足音 拒否したんだ
吐き出せない何かにいじけてた

あの日は空が光ってた
時折 瞬(まばた)きするように
少し遅れて雷鳴 そばで響いた
まるで神に指を差されて
見えない愛しさに怯えてた
思い出すのも切ない1994年(ナインティーンナインティーフォー)
AKB48 チームサプライズの人気歌詞
重力シンパシー

すぐ近くなのに 離れて感じる 君はバ ...

君のc/w

いつもの君は 優等生すぎて 誰から見て ...

AKBフェスティバル

盛り上がりたい奴は 兎(と)にも角(か ...

キンモクセイ

キンモクセイ 香る頃 この道を そ ...

Hell or Heaven

霧が立ちこめたハーバー 静かなこの夜 ...

バラの儀式

ナイフがそこにあっても 触れることがな ...

そのままで

そのままで 変わらないで 今の君で ...

未来が目にしみる

こんな夜明けを 眺めるのは たぶん ...

水曜日のアリス

ねえ 小さな庭に ほら 咲き乱れている ...

夢を見るなら

目の前で道が分かれてて どちらかへ行く ...

お手上げララバイ

夜が悪い闇を連れて 街の花を咲かせる頃 ...

素敵な三角関係

なぜだか いつも3人で 私たちは遊んで ...

涙に沈む太陽

夏に燃えた恋だから 灼(や)けた肌が醒 ...

旅立ちのとき

僕たちは今 旅立ちのとき じっと友と ...

愛しさを丸めて

愛しさ 丸めて ゴミ箱に捨てる もう ...

失恋同盟

嘘だ 嘘だと否定しても(マジか) あい ...

思い出す度につらくなる

もうこれ以上 やさしくされたら 心が崩 ...

最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?

真っ赤な日除けが せり出した道 今年 ...

誰が2人を出会わせたのか?

ラララ… ラララ… 100メート ...