浮雲ふたつ 歌詞

歌:藤あや子

作詞:美樹克彦

作曲:美樹克彦

意地で惚れぬく恋もありゃ
情け絡みで泣く恋もある
海のそばで暮らそうなんて
甘い言葉にのせられて
何度も追いかけて
時の流れが
縁の切れ目になっても
私にはあなた以外の男は
風のようなもの

だだをこねても 甘えても
子供扱い 又 しらんふり
ハトが豆をくらったように
驚ろかせたりしてみたい
あなたのそばにいりゃ
裸になれる
身も心まですべてが
私にはあなた以外の男は
風のようなもの

いくじなしでさ 気どり屋で
移り気ときちゃすくいがないね
別れ際に残す言葉が
女心を掴むのさ
見上げりゃ浮雲が
ふたつ並んで
まるで私とあなたよ
私にはあなた以外の男は
風のようなもの
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...