ルイという女 歌詞

歌:フランク永井

作詞:橋本淳

作曲:筒美京平

街に一軒 小さな酒場
ルイと呼ばれる ママひとり
孤独な歌が 好きなのは
昔愛した ことがある
淋しい男を しのぶため
しのぶため

なぐさめなんて 嫌いなくせに
ルイはときどき 涙ぐむ
言葉にできぬ 悲しみは
お酒でわって 忘れるの
白いうなじが ふるえてた
ふるえてた

帰って来るさ 淋しい時は
ルイの夜明けの ひとりごと
女は一度 愛を知り
真珠のように 思い出を
孤独な胸に 飾るのさ
飾るのさ
フランク永井の人気歌詞
大阪ぐらし

赤い夕映え 通天閣も 染めて燃えてる ...

西銀座駅前

ABC・XYZ これは俺らの 口癖さ ...

おまえに

そばにいてくれる だけでいい 黙ってい ...

公園の手品師

鳩がとびたつ公園の 銀杏は手品師 老い ...

加茂川ブルース

情ながした加茂川に とけた淡雪はかなく ...

抱擁

頬をよせあった あなたのにおいが 私の ...

こいさんのラブ・コール

なんで泣きはる 泣いてはる 思いでの  ...

ラブ・レター

ほのかに暗い 紫シェード むなしく夜は ...

小さな喫茶店

それは去年のことだった 星のきれいな宵 ...

16トン

エーン、ヤッサノサ エンヤサ 俺らの荷 ...