遠きふるさと 歌詞

歌:成世昌平

作詞:もず唱平

作曲:水森英夫

夏の終りの花火を見上げ
想い出すのは笑顔の君さ
巷(まち)の暮しに目処さえつけば
明日(あした)と云わず今すぐに
逢いに行く 夜汽車に乗って
あゝ遠き ふるさとよ

わざと零(こぼ)した徳利の酒に
うかぶ姿はきまって君さ
左手酌も目処さえつけば
直ると思う そのうちに
恋しいよ 家路の灯
あゝ遠き ふるさとよ

秋の夜嵐 これ幸いに
叫ぶ名前はやっぱり君さ
夢を果たせる 目処さえつけば
一緒になろと云えるのに
儘(まま)ならず 溢れる涙
あゝ遠き ふるさとよ
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...