夢見橋 歌詞

歌:淡谷のり子

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

この橋で振り向く人は
もう二度と逢えないと言う
よそ見せずに渡るんだよと
あの人は声をひそめた
初恋の夢は遙かに
春から秋へ夢見橋
よどみなく生きてきたのかと
流れくる川が聞いてます

二歩走り又立ち止まり
泣き顔で振り向いた時
雨雲が陽をさえぎって
あの人を影にかえてた
初恋の夢もかすかに
夏から冬へ夢見橋
忘れずに戻って来たねと
ほころんだ花が揺れてます
愛してた記憶もうすれ
恨んでた想いも去った

許す事忘れる事を
ひとつずつ覚えたのです
初恋の夢のいろどり
色鮮やかに夢見橋
人生は浮き沈みだよと
水の上月が語ります

淡谷のり子について

1930年ポリドールからデビュー盤「久慈浜音頭」が発売。1931年コロムビアへ移籍。古賀メロディーの「私此頃憂鬱よ」がヒット。1935年の「ドンニャ・マリキータ」はシャンソンとしてヒットし、日本のシャンソン歌手の第1号となる。1937年に「別れのブルース」が大ヒット。「ブルースの女王」と呼ばれるようになる。1999年9月22日歌に捧げてきた生涯に幕を閉じる。
夢見橋 のCD・楽譜
淡谷のり子の人気歌詞
別れのブルース

窓を開ければ 港が見える メリケン波止 ...

雨のブルース

雨よ降れ降れ 悩みをながすまで どうせ ...

ポエマ

ああ 遥かなる君よ 呼びてひとり偲ぶ ...

小雨降る径

静かな雨 並木の雨 あなたを待つ 胸に ...

君忘れじのブルース

雨ふれば 雨に泣き 風ふけば 風に泣き ...

白樺の小径

白樺の この径は 想い出の さみし径 ...

雨の東京

雨の夜は 雨の夜は 逢いたさに なぜ ...

ジェラシー

今ぞ ほのかに香る 夢の窓辺 風のささ ...

夜のタンゴ

胸に迫る 懐しのタンゴ ただ一人聴く  ...

くちびるで 私の耳かざりを はずすのが ...

私の心はフリージア

今 私の心は 淡く黄色のフリージア た ...

BONJOUR PARIS(ボンジュール・パリ)

やさしい昔の あのシャンソン いつの日 ...

アディウ

出て行く船を送る私 悲しいつらい別れだ ...

赤いマニキュア

マニキュアの匂いが 嫌(い)やだと言っ ...

雨の夜のブルース

酒場横丁に雨が降るよ 濡れてつめたい唇 ...

人の気も知らないで

人の気も知らないで おんな泣かせ す ...

アイ・ラヴ・パリ

アイ・ラヴ・パリ ウイ・ジュ・テイム ...