八重~会津の花一輪~ 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:志賀大介

作曲:村沢良介

明日の夜は 何国(いずこ)の誰か ながむらん なれし御城に 残す月かげ

ならぬことは ならぬもの
これがふるさと 会津の魂(こころ)
時は幕末 葵は枯れる
仰ぐなみだの 鶴ヶ城
八重は一生 女の 女の
女の誠を通します

「弟・三郎の形見の衣装を身にまとい 散るを覚悟で城に向かったあの日…
あれは まるで昨日の事の様です
城 明渡しの夜 無念のうちに見上げた夜空に 煌々と輝いていたあの月が
目を閉じれば今もそこにあります
あゝ 何故あれほど多くの命が失われなくてはならなかったのでしょう…
わたしたちは ただ国を ただ故郷を 守りたかっただけなのです」

胸に宿す こころざし
風が運んだ 日本の夜明け
青いガス燈 想いを照らす
馳せる希望の あかね雲
八重は一生 女の 女の
女の誠を通します

「散切り頭にちょんまげ頭 時代は『明治』に変わり 押し寄せる維新の波は
誰をも飲み込む潮流となって迫ってきました
ジョー、あなたと共に夢を馳せた世も 争いは絶えません
わかっています わかっているのです 誰も争いごとは望んでおりません
人はもともとやさしいもの… そのやさしさを求める人々に
私は手を差し伸べ続けます その先に… その先に…」

明日は明日の 陽が昇る
峰にかかれる むら雲晴れる
いのちひとすじ 慈愛の精神(こころ)
夢にこの身を 捧げたい
八重は一生 女の 女の
女の誠を通します
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
ベイサイド・セレナーデ

歌:鈴木雅之

つかのまふたりが あの頃に 戻れるそん ...

PAIN

歌:中島みゆき

抗(あらが)う水には 行く手は遠い 崩 ...

ヴァージンラブ

歌:FURIL

そう 忘れられないの 嫌いになれない ...

ぼんやり光の城

歌:ゆず

工場の煙は今日も白く空へ昇り あれが雲 ...

歌:レミオロメン

Ah 人生は旅だと言われる 伸るか反る ...

月影

歌:ゆず

月影見つけたよ 君も見てるかな… 涙か ...

全力少年

歌:スキマスイッチ

躓いて、転んでたら置いてかれんだ 泥水 ...

今、咲き誇る花たちよ

歌:コブクロ

微笑みを絶やさない 太陽に照らされて ...

FREEDOM TRAIN

歌:コブクロ

Freedom train あの列車に乗 ...

前前前世 (movie ver.)

歌:RADWIMPS

やっと眼を覚ましたかい それなのになぜ眼 ...

島津亜矢の人気歌詞
梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

出世坂

千里を走る 虎よりも 一里を登る 牛に ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

おもいで宝箱

あの日の空を 覚えてる 見果てぬ夢の ...

北海峡

愛の渦潮 逆巻(さかま)く未練 海峡渡 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

いのちのバトン

何もかも 欲しがって生きるより つつが ...

温故知新

ながい道程(みちのり) 歯をくいしばり ...

お初

命追われて 力も尽きて 闇路に光る ふ ...

寿三杯船

一番船には 親が乗り 三番船には 孫が ...

兄弟仁義

親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎり ...

父娘坂

山に山風 野原に野風 親の心に 別れ風 ...

帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

お徳

「お徳、お前がいのちだ」と言って下さった ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

逢いたくていま

あなたを 想っている ずっと この心は ...

想い出よありがとう

想い出よ ありがとう やっと今 そう云 ...

一本釣り

日暮れ港に 花火があがり 祭ばやしが ...